# # # #

2017年05月25日

Star Realms アプリ版

先日紹介してもらったStar Realmsにはアプリ版もあるというのでダウンロードしてみた。

艦長私的記録
posted by AMI at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2017年05月21日

和泉歴史ゲーム研究会 2017年5月21日

参加者:13名
プレイされたゲーム:激闘!キエフ軍集団(GJ)、PACIFIC GO、Star Realms、グランド・オーストリア・ホテル、Combat Commander: Europe (GMT、2戦)、South Pacific (C3i Magazine)、ノルマンディ上陸作戦のゲーム(テストプレイ)、マーチャント&マローダー、女子校体育祭他

艦長私的記録
posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌

2017年05月16日

BLITZKRIEG! 20 MINUTES WWII

「電撃戦!20分で第二次大戦」はPaolo Moriさんがデザイン中のボードゲーム。タイトル通り20分で第二次世界大戦をまるごとやってしまおうという作品。

(追記)ネタ元を書いてなかった。情報源はTOROさんのtweetでした。


マップは二次大戦の主要な5つの戦線(西部ヨーロッパ、東部ヨーロッパ、アフリカ・中東、太平洋、東南アジア)に分かれていて、戦線は2〜3の戦役、戦役は2〜5の戦場スペースで表される。
プレイヤーは枢軸国陣営または連合国陣営を指揮する(ドイツ、日本といった個々の国の区別はない)。それぞれ自陣営の戦闘部隊19個と共通の秘密兵器13個を表すコマがある。
手番にやることは単純で、任意の戦線の現在係争中の戦役に部隊を1個派遣する。このとき各戦場の地形によって派遣できる部隊の種類に制限がある。大部分のボックスにはそれぞれ固有のイベント効果があるのでそれを適用したあと、派遣した部隊の戦力に応じて戦況を調節する。ある戦役のすべての戦場が埋まったら、戦役の勝者を判定しVPを加算する。
最後に補充部隊を1個ランダムに引いて手番終了。

生産の増大、戦略戦闘、新兵器の開発などの要素はすべて戦場スペースのイベントとして再現されている。基本的に自分の起こしたいイベントを能動的に選んでいくわけだが、戦役ボックスが全て埋まると小さな決算があるため、戦争全体の流れも考慮しなければならない。
敵が派遣したユニットと直接交戦するような要素はなく、部隊をどこに派遣するかと、投入された戦力の合計で個々の戦線の勝敗は決まる。ウォーゲーム風味は薄めだが、考える要素はありそう。

まだ印刷してないんで画像はリンク先で見てください。

参考:
https://www.boardgamegeek.com/thread/1741244/wip-components-ready-blitzkrieg-20-minutes-wwii-20
posted by AMI at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2017年05月14日

例会報告 2017年5月14日

参加者:4名(見学のみ1名)
プレイされたゲーム:Carthage (GMT)、ポケットインペリウム、群雄割拠(国通)

艦長私的記録
posted by AMI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録

2017年5月例会告知

2017年5月14日(日) 9〜21時 会場:南宇治コミュニティセンター→例会案内

事前予約は必須ではありませんが、スムーズな対戦のためにこの記事のコメント欄での参加表明を推奨します。
今後の例会は2017年6月4日(予定)、6月11日(予定、特別例会二週連続開催となります)です。

参考:最近の例会の様子
posted by AMI at 09:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 例会告知

2017年05月03日

オデッセイ師実家ゲーム会 2017年5月3〜5日

参加者:3名
プレイしたゲーム:一年戦争(TDF、同人、2戦)、信長後継者戦争(GJ)、群雄割拠(国通、2戦+拡張5ターンゲーム1戦+レッスルエンジェルスバリアント(テスト版)1戦)、ポケットインペリウム(PnP版、3戦)、三国盛衰記(TDF)

他の参加者のレポート
  • 有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日:平成29年GW実家ゲーム会 5月3日 一年戦争
  • 平成29年GW実家ゲーム会 5月4・5日 マルチゲーム

    艦長私的記録
  • posted by AMI at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌