# # # #

2014年06月27日

群雄割拠 (国通)

ウォー・ゲーム日本史22号付録。History of the World (AH) タイプで各プレイヤーが3ないし4勢力の戦国大名を担当して戦国日本の覇を競う。

140627a.jpg

ヒストリー系のゲームとしては武士の時代全般を扱ったヒストリー・オブ・サムライ 源平藤橘盛衰絵巻が既にあるが、こちらは戦国時代のクライマックスのみをコンパクトにまとめてある。

ゲームには15の大名が登場するが、扱う期間が短いので世代区分はない。
プレイヤーは自分の手番の最初に公開されている6つの大名から担当する勢力を自分で選ぶ。列の先頭の大名は無償で取ることができるが、二番目以降を選ぶ場合はスキップする大名ごとに天命チットを1枚配置しなければならない。配置されたチットはいわば持参金となってその勢力を選択したプレイヤーのものになるので、魅力のない大名でも選ぶ価値がでてくる場合もある。

コマを配置して必要なら戦闘を解決し、地方ごとに三段階の支配レベルを達成して得点を得るという部分はヒストリー〜を踏襲しているが、戦闘解決は手番プレイヤーのみがダイスを振る。また、イベントカードも、大名カードとセットで提示されるので使いどきに悩まなくていいなど、ヒストリーを踏まえた上で現代風にうまく圧縮されているが、それでいて家康が地盤として勝利した関東地方の可能性なども盛り込まれてる。

対人交渉に気を使わずに戦国時代を俯瞰したい人にお勧めの好ゲーム。
タグ:群雄割拠
posted by AMI at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100638853

この記事へのトラックバック