# # # #

2014年08月02日

Age of Exploration 1942-1543 (Timjim)

「探検の時代」は新大陸の発見から、スペインのコンキスタドール達がインカ文明とアステカ文明を滅ぼすまでの時代を扱った探検ゲーム。

プレイヤーはスポンサーとして、実在の探検家や征服者(コンキスタドール)に出資、その成果を競うという体だが、ゲーム上は探検隊を指揮して新世界をうろつき回ることがメインとなる。

マップは起点となるヨーロッパと新世界(南北アメリカ大陸)、世界周航用の航路をカバーしている。文明や産物の出現位置は予め決まっていて、そこに移動して発見できるか否かの勝負。
140802a.jpg

ゲーム上のほとんどの行動はカードによって解決される。ヨーロッパでは装備カードを組み合わせて探検隊を編成し、出発したら現在いる地形に応じて、海上、陸上、文明の探検カードを引く。
探検カードには概ねその地形で起こる出来事、例えば嵐、壊血病、原住民の襲撃等と移動の可否が記されている。多くの場合、隊長の能力や探検隊の戦力によって判定を行い、成功すれば被害を軽減できる。
140802b.jpg

探検の成果はVP制で初めて新大陸視認から特定の地形や価値のある産物の発見といったマイナー発見と、世界周航や文明の征服といった大発見に分かれている。ただし、実績のない探検隊が大発見を発表しても世間は信用してくれず得点が限定されるので、まずは小さな探検を成功させて実績を積むことが必要となる。大発見は得点が大きいので終わるときはあっさり終わる。

探検隊が困難を乗り越えてボロボロになりながら目的地に辿り着くという雰囲気は出ている。ただ、上記の通りプレイヤーには何処に何があるか分かっているので冒険気分はやや薄目。スポンサーの立場とすればこんなものかもしれないが。また、カードとダイス判定を併用していてランダム要素が強いのも好みの別れるところ。
posted by AMI at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
このゲームAMI氏所有のゲームですか?
大航海時代も好みの範囲に入る私としては
興味津々です。
Posted by 総統 at 2014年08月07日 01:08
このゲームは借り物です
Posted by AMI at 2014年08月08日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102114052

この記事へのトラックバック