# # # #

2014年10月11日

World of Tanks: Rush

PCゲーム「World of Tanks」をベースにしたデッキ構築型カードゲーム。自分のデッキで構成される小隊を育成し、より多くの勲章(勝利点)を得ることを目指す。

141005a.jpg

カードは戦闘車両や補助部隊を表し、戦闘能力と特殊能力、コストを有する(カードによっては欠けているものもある)。基本セットには米独ソ仏の四カ国の車両各25枚が含まれるが、World of Tanks 同様プレイヤーは特定の国を表すわけではなく、どの国の車両でも買えるが、戦闘投入時と勝利条件に関しては国籍が関係する。

カードはコストにしてリザーブ(公開市場)から新しい戦車を買う、固有の特殊能力を使う、他のプレイヤーを攻撃するという3つの方法で使用できる。特殊能力を使ったカードに守備力がある場合、自分の基地の防御につけなければならない(撃破されるか他のカードと交代するまでデッキに戻らない)。攻撃は攻撃力が防御力以上なら撃破、防御力未満なら損傷というシンプルなシステムで反撃がないため攻撃有利である。ただし、1手番では一度の攻撃しかできず、同じ国籍の車両しか参加できない。

勲章は最初にランダムで公開される目標カード、敵車両の撃破で与えられる国籍別の勲章カード、他のプレイヤーの基地の破壊で得られる基地カードから得られる。一国の1点の勲章が尽きるか、プレイヤー一人の基地3つがすべて破壊されるとそのラウンドでゲームが終了し、勲章数の多いプレイヤーが勝つ。

戦闘システムが攻撃優位なのでゲームの展開が早く、収束性も高い。手札も3枚と少なく組み合わせに限りがあるためダウンタイムも短め。カード固有のテキストはなく、能力はすべて数値かアイコンで表記されるのでプレイしやすいが、プレイヤーが選択できる戦略の幅は限られる。
原作の雰囲気もそれなりに再現されていると思う。

モチーフありのゲームの常で用語を原作の世界に合わせようとしているため一部で違和感が出ている。翻訳は無理せず「山札」、「捨て札」とかで良かったんじゃないかとは思う…。
posted by AMI at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104442854

この記事へのトラックバック