# # # #

2008年03月02日

2008年3月例会報告

参加者:5名
プレイされたゲーム:SSバルジの戦い(翔企画)、SS太平記(翔企画、2戦)、日露戦争(エポック)、コンバットコマンダー(GMT、2戦)、Flying Colors(GMT)

SSバルジはM次氏とO崎氏がプレイしていました。戦況はよくわかりません。

太平記もM次氏とO崎氏がプレイしていました。一回目はO崎氏の武家方が短期間で敗北したようですが、二回目はM次氏が主導権をほとんど確保できずに敗北していたようです。

日露戦争もM次氏とO崎氏がプレイしていました。旅順艦隊が早々に潰滅して要塞は早期に危機に陥っていたようですが、満州戦線ではO崎日本軍の騎兵が早々に全滅して苦戦に陥っていたようです。

コンバットコマンダーは午後からみねさんとまず一戦しました。みねさんがプレイ二回目で実質初プレイに近いと言うことで、シナリオ1で私がロシア軍を担当。
ドイツ軍は序盤移動カードがまったく来なかったそうで、ロシア軍が戦場中央の5番の重要建物に居座るという展開。ドイツ軍は南方の道路沿いの建物4を占拠したので、4にVPがあるのか心配していたのですが、実際には全部の目標VPが5の建物に集中していて、ドイツ軍は決死の攻撃でここを奪取にきます。一端は帝国の英雄の奮戦で奪取に成功しますが、ロシア軍の反撃も成功し、ロシア軍が勝利を納めました。

その後、帆船の戦い「フライングカラーズ」をみねさんとプレイ。こちらはみねさんが正真正銘の初プレイで、インスト用によくプレイしている最後のシナリオ「Cape Ortugal」。トラファルガー会戦後の追撃戦で損傷したフランスの一級戦列艦にイギリス艦隊が攻撃してくるシナリオです。私がフランスを担当。
序盤、主導権をイギリス海軍が握り続け、フランスの旗艦フォーミダブルに攻撃を集中してきます。フランス艦隊もイギリスの旗艦に反撃を喰らわせ、提督を負傷させ、帆に重大な損害を与えますが、帆ばかり狙い続けたために二級戦列艦の強大な砲撃力が健在で、フランス艦隊は次々に損傷状態に陥れられました。
イギリス艦隊は帆に打撃を受けた艦が多く、旗艦が漂流状態になるなど、大半が移動能力を喪失して、突出した三級艦一隻が集中砲火によって沈没したものの、VP的には沈没艦はないものの全艦損傷状態のフランス艦隊の方が損失が大きく、フランス艦隊が敗北しました。

その後、夕方に来場されたFabius閣下とコンバットコマンダーのインストプレイ。今回も私がロシア軍。序盤、道路上を移動中だったロシア軍の中機装備の分隊が殲滅され、その後、中央戦線側の中機分隊も混乱した後、二回の敗走で盤外に追いやられるなどロシア軍にとっては散々の展開でした。午後8時くらいから始めたので、練習のつもりで最後まで行かないだろうと思っていたのですが、ドイツ軍がタイム!を高速回転させる展開できっちり一時間でドイツが勝ちきりました。
タグ:CC:E FlyingColors
posted by AMI at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
『《GMT》Combat Commander』の御教示、
誠にありがとうございます。
インストプレイということで、
いわば、「的」になっていただいたようなもので
勝たせていただきました。
が、これで、ゲームの概要が把握できましたので、
今後は『Combat Commander』スキーとして
名乗りを挙げることもできようというもので、
従って、負けることもできようというものです
(ゲームのやり方が分からないようでは
負けることもできない、ということです)。

『《GMT》Combat Commander』が
末永く繁栄しますように。

なお、みねさんにも御指南を賜りましたが、
『《AH》UP FRONT』で培ったテクニック
(=ズル(←苦笑))が有効だったのは
言うまでもありません!
Posted by Fabius at 2008年03月03日 20:47
お気に召していただけたようで良かったです。
今回の対戦では、時間が早く進んだ以外は余り突飛なことは起こりませんでしたが、場合によってはもっと混沌とした展開も楽しめます。
また、プレイいたしましょう。
Posted by AMI at 2008年03月05日 02:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10487923

この記事へのトラックバック