# # # #

2015年01月18日

例会報告 2015年1月18日

参加者:3名(ゲスト1名)+挨拶のみ1名
プレイされたゲーム:銀河大戦記(HJ)、なんてったってホノルル(HUCH! & friends/HJ)、Twilight Struggle (GMT)、タンネンベルク会戦(3CG/国通)


本日は事前参加表明がなかったのでゆっくり出撃したがやはり一番乗り。
みねさんが来てコマンド最新号付録の「ドゥブノ」を切り始めたのでそれが終わった後、やや早めに昼食にいつものゴーゴーカレーへ。

「タンネンベルク会戦」の準備を始めたところでCTDAさんが来場されたので3人で「銀河大戦記」をすることに。TACTICS誌のRPG号についたSFマルチ。文明発展要素があるがほぼ移動技術と戦闘技術に絞られている。
私は序盤に移動速度の上がる技術を開発できたので比較的安定して進出することができた。遊星爆弾の開発に成功していたため、みねさんが先乗りを避けた中央星をさっさと制圧、経済力で優位に立つはずだったが、技術開発の判定に失敗しまくり、成功率を上げるスーパーコンピュータを開発して確率1/2になっても6連続失敗するとか酷い確率だった。CTDAさんが早々に火気管制システムを改良したり、みねさんがバリアを開発したりするのを尻目に強化艦隊と移動技術の改良、研究所の増設とちまちました路線を進める(成功率が悪かったので引いたチットを開発せざるを得なかっただけだが)。自分の開発した最終兵器が当時最大だった生産力2の星系に降ってきたCTDAさんがやや出遅れる。
私が技術開発で浪費を重ねていることもあってか中央星を制圧してることは大目に見られて開戦のきっかけがないまま割と皆の技術が飽和し始める。我が文明も火器管制とバリアを取得して最低限の戦備は出来た頃、みねさんと私が2〜3台目の最終兵器を開発される。カード引き次第では最後にみねさんの艦隊が突っ込んでくる展開となったが私が後手番となったためみねさんは自重。名将+3付きの艦隊が最後の最終兵器を沈めて判定勝ち。
150118a.jpg
プレイ中にアルファーリンク提督が顔出しに来てくれたが今回は用事があるということで短時間の滞在で退場。次回はゆっくり遊びましょう。

続けて3人で私のリクエストで「なんてったってホノルル」。都市や名所の書かれたカードと場のカードの東西南北を推定し、他のプレイヤーの配置が間違っていると思ったら挑戦してチップを奪う。途中に二回の休憩タイムがあり、場に出ているカードの間違いの数を予想するタイムがある。
150118b.jpg
私は序盤に挑戦に成功した後、知らない都市もあったが適当に知ってるふりをしてつけていく、休憩に1回生功したのも有り、8vs3vs3で勝利。前から概要は知っていて一度やってみたいと思っていたが期待通りの好ゲームだと思う。

その後、CTDAさんと私で「Twilight Struggle 杯」の開幕戦。ランダムでCTDAさんがアメリカ、私がソ連を担当。定番のイランスタートを選択。中東戦争が成功したこともあり、中東〜アジアで優勢をとるが、ヨーロッパは優勢を奪われる。12点までリードを広げるが、アメリカにクーデター場所を提供したくない一心で第三世界進出を抑制している間に第5ターンにアフリカを支配までもっていかれた上で得点カードを叩きつけられて一挙に10点!も詰め寄られる大失態。しかし、その直後、第5ターンのラストでアメリカがプレイしたのがローンガンマン! ケネディ暗殺でパニックに陥った米軍部がソ連のクーデター挑発に対して核ボタンを押してしまい棚ぼた勝利。
150118c.jpg

CTDAさんがここで帰宅されたので、広げたままにしておいたタンネンベルクの続き。軍団単位のチット引きシステム。激マンほどダイナミックではないものの、このゲームでも司令部を近接させていおくことで一部のユニット(のみ)を複数回活性化させられるのでその辺りのテクニックが重要そうだ。
地図を広げた向きのままみねさんがロシア、私がドイツを担当。私はドイツ軍が勝ったという程度の知識しかないのと、ダンツィヒまで突破されるとサドンデスのため、南方に一個軍団を展開さて、東と南に2個軍団づつの配置で戦った。しかし、よく考えないで部隊を展開させたので東方にいるのが特殊ルールで暴走する第一軍団と他の軍団より戦力が低い第一予備軍団となってしまい、第一軍団が6回中3回ぐらい昼寝を決め込んだりして東部戦線で徐々に損害が嵩んで苦しい状態に…といった感じでターンの半分ぐらい消化したところで時間切れ終了。
150118d.jpg
私がZOCで戦線を引くゲームが苦手というのもあるが、みねさんの的確な攻撃が痛かったです。

夕食はお好み焼き。
少人数でしたがたっぷりゲームを堪能できました。
posted by AMI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112315923

この記事へのトラックバック