# # # #

2015年02月15日

和泉歴史(ゲーム)研究会 2015年2月15日

参加者:13名
プレイされたゲーム:(師団級)バルジ大作戦(エポック/国通)、独ソ電撃戦(エポック/国通)、ナポレオン帝国の崩壊(アドテクノス)、ドゥブノ大戦車戦(エポック/国通)、ユキムラズ・ラスト・バトル(国通)、壬生狼顛末記(テストプレイ)、Combat Commanader: Europe (GMT)他

他の参加者のレポート
  • 負けブログ
  • 和泉歴史(ゲーム)研究会
  • ふかひれすーぷ

    しばらく予定が合わず、三ヶ月ぶりの参加。

    朝から(師団級)バルジ大作戦の強度テストや西新宿鮫さんを迎え撃ってのドゥブノ三番勝負、200周年記念?ナポレオン帝国の崩壊とかがプレイされてました。

    私はIMUさんの壬生狼顛末記のテストプレイに参加。ゲームシステムはまったく違うがコンセプト的にはバンダイ新選組の流れを組む、プレイヤーが各々分隊を率いて新選組の活動を行うスタイルのゲーム。京の市街での日常の活動の他に池田屋事件や禁門の変などの重要な出来事も発生し、その中で自分の隊を活躍させることを目指す。システムは大雑把に言うとワーカープレイスメント+エリアマジョリティ。

    150215a.jpg

    3人で2回、昼食を食べながら2人プレイを観戦、4人で1回プレイ。

    1回目は一人だけ最初に隊士を増やせず、そのまま食糧を無視したプレイになって惨敗。
    2回目は沖田総司の助力を駆使して自給体制はそれなりだったが
    3回目はVPボーナスの援助が来たのでひたすら隊士を免許皆伝にして洋式兵器抜きでも西軍と渡り合える無敵の抜刀隊を編成することに成功したもののやはり食料供給が上手く立ち行かず惨敗。

    150215b.jpg
    私はアグリコラ系の食糧を手当するシステムが苦手なんであまり芳しい成績は残せなかったもののゲームとしてはしっかりまとまっていたように感じた。特に横から見ていた2人プレイが中立派閥の存在もあって興味深いと思った。またエリアマジョリティ要素のおかげで本家ワーカープレイスほどの息苦しさがないのは個人的に◎。

    その後、Combat Commanderのインスト対戦をお助け入れつつ観戦。
    150215c.jpg

    本日はここまで。
    タグ:CC:E
  • posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/113758346

    この記事へのトラックバック