# # # #

2015年05月15日

迫撃トリプルドムと私

マイケルの戦いはまだまだ続くさんの記事を見て久々にツクダの「ジャブロー戦役」を取り出した。私にとっては最初のガンダムゲームというだけでなく、最初の戦術級ゲームということもあり思い出深いゲームである。

シナリオは同じ迫撃トリプルドムで。数の上では3対3だがアムロは既に人間離れした領域に達している。その代わりと言っては何だがガンダムのみビームライフルを持っていないため、接近する前に殲滅されるということは(恐らく)ない。なお、ビームサーベル二刀流は使わないこととした。

150513a.jpg

第1ターン、ジオン軍はスタックして前進。連邦軍はガンダムが積極的に前進、キャノンとタンクは遮蔽物を利用しながら。

第2ターン。ジオン軍はガンダムのみにLOSが通る位置に前進。いかにアムロといえども60mmバルカン砲ではエースパイロットの乗るドムには通用しない。黒い三連星はジェットストリームアタックでジャイアント・バズを全弾命中させるという意地を見せるもののアムロのシールド捌きは完璧でこちらもまったく被害を出せない。

アムロは準備射撃で再び60mmバルカンを叩き込むが被害なし。
連邦軍はドムの主砲恐れるに足りずと見てガンキャノンとガンタンクも前進。互いの防御射撃と前進射撃も戦果なし。

第3ターン。黒い三連星は一気に勝負をつけるべく連邦軍の陣取る木立へ前進する。ガンダムの60mmバルカンとガンキャノンのビームライフルは相次いで弾切れを起こすが、ガンタンクのキャノン砲の直撃を受けたマッシュのドムは爆散する。
ガイアのドムはガンキャノンを、オルテガはガンタンクをそれぞれ白兵戦で移動戦闘不能に陥れる。
150513b.jpg

ガイアとオルテガはガンタンクに止めを刺すべく防御射撃で狙うが戦果なし。
アムロはオルテガのヒートサーベルを跳ね飛ばし本体にも1ヒット入れる。

第4ターン。ガンダムは防御射撃できず。ガイアとオルテガは戦闘不能となったガンタンクとガンキャノンを始末する。ジオン軍勝利条件達成。

やはり不用意に前進したのが敗因。ドムの方が圧倒的に足が早いのでいずれ捕捉されるのだが、アムロは例え3対1でも簡単には撃破されないので自分から攻撃される位置にいく必要はなかった。

チャート類の整備がいまいちで今やると煩雑な部分がめについてしまうのだが、たまにやると味わい深い。
タグ:JABRO
posted by AMI at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/130795745

この記事へのトラックバック