# # # #

2015年06月21日

和泉歴史(ゲーム)研究会 2015年6月21日

参加者:14名?
プレイされたゲーム:ワーテルローの戦い(国通、5戦〜)、Drive to the Baltic! (MiH/国通)、忍者大戦(国通、多数)、Panzer Blitz (AH)、オン・ザ・フライト・デッキ(多数)、Combat Commander: Pacific (GMT)、World at Warの何か、決戦!ア・バオア・クー(同人)、ユキムラズ・ラスト・バトル(国通)、日本征服作戦(自作)、戦国奥羽最終決戦!摺上原の戦い(TSS、同人)

他の参加者のレポート
  • THEN WHAT?

    午前中は天候が微妙だったので早めに出発したら運良く一番強く降った時間帯は電車内でかわせた。

    朝一、掴みで忍者大戦に参加。ウォーゲーム日本史最新号の付録。ボードやコマを使わない純粋なカードゲームで(サイコロは使う)、ゲームエンジンは1枚引いて1枚使うオーソドックスなシステムだが、手札が全員共通なので、自分自身のハンドマネジメントだけでなく未使用のカードは他のプレイヤーが使う可能性も考慮しなければならない部分がキモ。とはいえ実際プレイが始まると自分が生き残るだけで必死で……。プレイヤーの分身である忍者はごく簡単に死ぬので、不条理を感じる人もいるかもしれないが、和泉のノリには合っていたようで繰り返しプレイされていた。私も都合3回参加して1勝。
    150621c.jpg
    勝った回よりも最後にプレイした隠遁生活の方が自信作だったのだが、隊長が最後にデカイ仕事を成功させて差し切られた(無念)。
    150621d.jpg

    忍者一回目のあと、ワーテルローの戦いとかワーテルローの戦いとかワーテルローの戦いとか(コピペミスではないよ。最大3卓同時に立ってた)、Drive to the Baltic!とかパンツァーブリッツとかが始まる。私は翔鶴さんとCombat Commander: Pacificをプレイ。シナリオはシンプルにAにしてみたけど、マップ中央にででんと移動困難な地形があるのでアメリカ軍は最初の兵力配分が難しくインスト戦にはベストじゃないのかもと思ってしまった。
    150621a.jpg
    序盤、日本軍の前進陣地のタコツボに取り付いたあたりで、防御ロールがピンゾロじゃないと死なない攻撃で米軍火力の主力を担う50Cal機関銃を持ったユニットが除去されかなり楽になった。しかし、米軍は米軍は9火力の砲兵隊を呼び寄せたり、戦闘爆撃機が何度も飛来したりして両翼の前進陣地は一掃され、横合いから現れたゲリラに突破を許したりと押し込まれる。中盤、日本軍に回復カードが全然来なくて3ユニットぐらいずーっと混乱したままカード回しを強いられていたが、幸い致命傷になる前に回復でき、終盤は2個目の大隊砲が増援で来るなど最重要の5番の拠点を守り通すことができ、time8の終了判定にて勝利。
    150621b.jpg

    150621e.jpg
    決戦!ア・バオア・クーはアニメ「機動戦士ガンダム」の最終決戦を題材にしたもりつちさんデザインの同人ゲーム。紙さんが守備側のジオン軍を担当し、連邦軍を初プレイのお二人で分担してプレイされていた。ジオン軍ががんばって戦線を維持していた模様。

    ア・バオア・クーの序盤をみていたのだが、忍者大戦が再び始まったので参加(上に書いた2〜3戦目)。

    続いて、オン・ザ・フライト・デッキ。中黒さんデザインの日本空母の甲板で奮戦する協力型カードゲーム。戦闘機以外は爆装する→発進させるという2手番が必要だが、自分が爆弾を付けると他のプレイヤーがそれを見逃してくれるはずもなく、様々な悲喜劇が生じる。
    150621i.jpg
    個人的には下家にエンジン回す気満々で待たれると爆装するモチベーションがあがらず、爆弾や魚雷を溜め込んだままお茶を濁す結果になってしまった。恩恵でもペナルティでもいいから爆弾を装着する動機付けがもうちょっと欲しいかなと感じた。私が参加した回はかう゛ーるさんが上手く立ちまわって勝利していた。その前後にも繰り返しプレイされていた。

    150621f.jpg
    続いて、拙作の群雄割拠1970sヴァリアント「日本征服作戦」をインスト役で隊長さん、中黒さん、かう゛ーるさん、ぐちーずさんの4人プレイで。群雄割拠システム自体始めての方も多かったのと、序盤の支援カードがライダーで固まっていたのでカオス気味の展開になり、北九州を長期間維持できた中黒さんのショッカーが大差をつけて勝利。

    最後にぐちーずさんと戦国奥羽最終決戦!摺上原の戦いを。ぐちーずさん伊達軍、私が葦名軍。
    葦名先峰の富田将監は猪苗代を速攻で壊滅させ、伊達成実隊も残り1ユニットまで追い詰めたが、伊達政宗の本陣に斬りこむ等の見せ場もあったが、ターン進行と共に続々参加してくる伊達の新手の前に友軍が次々に撃破されてゆき、優勢だった士気も追いぬかれ、葦名軍の士気崩壊により決着。歴史通りに葦名滅亡と相成った。
    150621h.jpg

    午後から天候がよくなったけどその分暑かった(汗)。

    その後、天王寺で降りて第二次攻撃を実施したが今回はあまり良い収穫はなかった。
  • posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/144444315

    この記事へのトラックバック