# # # #

2015年07月12日

和泉歴史(ゲーム)研究会 2015年7月12日

参加者:10名
プレイされたゲーム:関東制圧(ツクダ/GJ)、TITAN (AH/Valley)、銀河大戦記(HJ)、英仏百年戦争(GJ)、ノルマンディ上陸作戦(国通)、ワーテルローの戦い(国通)、オカエリナサイ はやぶさ君(国通)

関東制圧はゲームジャーナル版で謙信越山シナリオをさこやんさん(上杉)と麦さん(北条・武田)が対戦されていた。
150712d.jpg
北条氏康が野戦で謙信を退ける場面もあったようだが全般としては小田原城の包囲が完成し上杉方が優勢に戦いを進めていた。

TITANはかう゛ーるさんの主宰で新旧コンポーネントのチャンポンで一日中プレイされていた。これも群雄伝と同じで旧版のシンプルだけどプレイしやすいコンポーネントが光っているのだよな。コロッサスへの道が険しくサーペントが猛威を振るっていた。
150712f.jpg

銀河大戦記は旧TACTICS付録の銀河帝国建設ゲーム。2-6人用で本来は多人数ゲームだが今回は人数の都合でわむさんと二人プレイ。序盤、わむさんが指揮系統の改良で、私は星間通信網の拡大で移動力を拡張したあたりまでは互角だったが、中央の経済力の高い星系の占領の判定で我が帝国の方が有利に経つ。この時期、順番の流れも私の後攻が多くて有利だったので経済的な格差が広がる。戦術の躍進による高火力射撃による反撃で損害を被ったりもしたものの、一度開いた経済格差を埋める程ではなく、終了することにした。
150712a.jpg
私は過去に数回プレイしているので割りきって二人プレイも有りかと思っていたけどインスト戦としては不適だったかもしれません。

昼食はいつものお弁当屋さん。

昼食後、わむさんと英仏百年戦争。序盤はイングランドがややリードしていたが、第3ターンに黒太子(確か戴冠していたが)が北方へ向った隙にフランス軍がノルマンディに反撃の鉄槌を加え抗争が本格化しそうなあたりでイングランド周辺で疫病が暴れ回り指揮官がバタバタと倒れていく。フランスも序盤に二人の王を失ったもののその後は長命な指揮官が頻出し、アキテーヌ、ブルターニュなどイングランド側の大陸拠点を次々と攻略。ピカルリーやブルターニュに逆上陸を企てるなどイングランドも逆襲の糸口を模索していてたが頼みのブルゴーニュも攻略され点差も大きくなったので終了した。
150712b.jpg
偶然だと思うが前回に続きイングランドに苦しい流れだった。

150712c.jpg
ノルマンディ上陸作戦は拡大コンポーネントでプレイされていました。

ワーテルローの戦いは隊長さんとわむさんの定期戦。援軍として現れたはずのプロイセン軍が危機的な状況に陥っていた模様。
150712e.jpg

今日も第二次攻撃を行うつもりだったが爆装してなかた・・・

posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/151842968

この記事へのトラックバック