# # # #

2015年09月23日

山科会 2015年9月23日

参加者:5名
プレイされたゲーム:阿弖流為伝(ウォーゲーム日本史、2戦)、モスクワ電撃戦(翔企画)、三国志覇王(翔企画、2戦)、ベトナム戦争版 Down in Flames、Down in Flames (DVG/国通)

本日は割と突発で参加募集があった山科会に参加。

私は以前から対戦希望に掲げていた阿弖流為伝に紙さんが応じてくださり購入以来一年余で対人戦が実現した。ありがとうございます。
陣営は私がお勧めして攻撃側の朝廷軍を担当していただいた。
第一ターン、巣伏の戦いの戦いで大勝した蝦夷軍は朝廷軍を追撃して南下し更に打撃を与える。しかし、準備ターンを挟んで栗原に集結していた蝦夷軍首領達は退路を立たれた状態で早々に大将軍に抜擢されていた坂上田村麿率いる朝廷軍主力との合戦を強いられ全滅…。序盤で指揮官クラスが全滅してはどうしようもないので投了。
150923a.jpg

150923c.jpg

150923b.jpg

買い込んだ食料で昼食後、別卓でプレイされていたモスクワ電撃戦も終わったのでぐちーずさん、takobaさん、モスキートさんも合流して5人で懐かしい三国志覇王をプレイ。国産カードゲームブームの頃に出されたゲームでモンスターメーカーのイラストを担当した九月姫さんが三国志武将を描かれているという逸品。しかしゲーム内容は見た目に反してガチな殴り合いのマルチである。

私は孫権を担当したが、このゲームでは初期は全員放浪状態で誰がどこの国にいるとかはない。そして、軍師や武将はカードを引いいてこなければならない。古き良きターン毎にドロー1枚のゲームである。
私は途中まで軍師が引けずに放浪を続けていたが賈クが来てくれたので洛陽で旗揚げ。その後、長安に進撃して紙さんの袁紹がいる涼州とモスキートさんの曹操が献帝を保護している益州を圧迫する。領土の配置上、直接益州と献帝を奪取する以外に手はなかった。曹操軍が兵力に枯渇していたこともあり、わずか1戦力差でかろうじて勝利。孫権が新王朝を開いた。
150923d.jpg

二戦目は私が曹操を担当。今度は長安で旗揚げして二匹目のどじょうを狙ったが、武将運に恵まれず、冀州から南下したtakobaさんの劉備が勝利。

その後再び二卓に別れ、私は阿弖流為伝の復仇戦をお願いする。陣営もそのまま。
初期の追撃戦の段階で戦力を小分けにしすぎ阿弖流為の副将格の母礼を失う。

朝廷側は第6ターン(標準ゲームの第一ターン、以下同じ)に藤原緒嗣が大将軍に就任、備蓄を限度いっぱいまでためた後、早々に大将軍大伴弟麿、鎮守府将軍坂上田村麻呂の最強の布陣を整え反攻に転じる。第9ターンに兵力を分散させすぎ、登米の戦いで副将格の母礼を失う。
第11ターンに阿弖流為を含む主力部隊が磐井の戦いで大敗、乙代が戦死。南方からじわじわ北進してくる主力軍に加え、秋田方面からは鎮狄将軍の軍が圧迫を加えてくる。
150923e.jpg
第12ターンに田村麻呂を病死させ、弟麿を人事で引退させるも、第14ターン(標準ゲームの9ターン)終了時点で既に朝廷支配20郡まで押し込まれ劣勢を覆すのは絶望というところで時間になってのでお開きにしました。
150923f.jpg

紙さんの強力な侵攻に決戦思想に傾き過ぎの私の拙い防御が合わさり、苦しいプレイの連続でインストからの2連敗と不甲斐ない結果になってしまいましたがゲーム的には楽しめました。紙さんにも好感触を抱いていただいたようでご紹介できて良かったです。とりあえず供養はできましたがこのゲームはもうしばらく探求したいですね。

隣の卓では、takobaさんが製作中のベトナム戦争版 Down in Flames (写真とってなかったのでこのへん)や本家(DVG/国通版)がプレイされていた模様。ジェット空戦版はエリア88ごっこがしたくて私も考えたことがあったのだけど、空戦知識の薄さからレシプロ空戦をどうコンバートしていいのかわからず保留状態になっていた。完成が楽しみだ。

二次会はボンズでぷち宴会でした。熱いゲーム論とかいろいろ聞けました。
タグ:阿弖流為伝
posted by AMI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164242429

この記事へのトラックバック