# # # #

2015年11月03日

上陸作戦(ツクダホビー)

「上陸作戦」はファン・シリーズ第一弾としてツクダホビーが出版した入門用ウォーゲーム。当時、ツクダホビーからはアニメ系か精密戦術級のゲームしか出ていなかったが、このゲームは第二次世界大戦の初期、連合軍が守備する島に日本軍が上陸侵攻するという仮想の作戦級となっている。

151026a.jpg

基本ルールは弱ZOC、メイ・アタックのオーソドックスな作戦級だが、2-1でもAEがあるなど戦闘結果表が攻撃側に厳しいのが特徴(画像参照)。防御側が気軽に反撃に出るのを抑制するためであろうか。
151103c.jpg

基本ゲームは初期配置が固定で、島の北西に上陸した日本軍が中央の密林と丘陵地を突破して首都に迫るというシチュエーション。
151103a.jpg
試しにソロで動かしてみたが、地形に阻まれて戦力の集中が難しく、3-1前後の運頼みの攻撃が連続で失敗して首都まで4ヘックスを残して終了。しかし、最終ターンに2ユニットが除去されて連合軍の戦線もラスト一線という感じになったのでもう少し早いターンに攻撃成功していれば首都に迫ることも可能と思われる。
151103b.jpg

選択ルールでは空挺降下、自由配置、兵力選択の要素が追加される。自由配置になると連合軍がまずダミーを含めて裏面でユニットを配置し、それを見て日本軍が上陸海岸を決めるのでいきなりゲームの様相が一変する。
さらに戦略オプションルールでは両軍が互いにこの戦いにどの程度の兵力を投入するのかを決め、その組み合わせによって勝利条件(ゲームの長さ)も可変になる。博打要素が強くなるので好き嫌いが別れると思うが私的にはありかな。

昔、やすかった時にツクダトレーが欲しくて買ったままゲームは放置していたのだが、チャンスがあれば実戦投入してみたい。
posted by AMI at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
ツクダの上陸作戦いろいろ文句を言われていた作品ですが、個人的には大好きな作品でした。
フリー配置だとアメリカ軍もフリーで海岸線沿いに部隊を置いて水際壊滅をする人もいれば都市に部隊を集中させて誘い込む作戦をとる人もいて楽しめる作品だと思います。

フリー配置だと日本軍も上陸ポイントがフリーなのでいきなり都市近くに上陸なんてのもありましたね。
Posted by センゴク at 2015年11月13日 14:42
コメントありがとうございます
まだソロプレイしかできてないので対人でフリーセットを試せるのを楽しみにしています
Posted by AMI at 2015年11月16日 01:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167051611

この記事へのトラックバック