# # # #

2015年11月22日

和泉歴史(ゲーム)研究会 2015年11月22日

参加者:12名
プレイされたゲーム:オペレーション・グレネード(SPI/HJ)、上陸作戦(ツクダ)、江戸幕府の黄昏(GJ)、War of 1812 (Columbia)、Down in Flames (DGV/国通)、バトルシップカーニバル(国通)、龍虎三国志(GJ)

連戦でちょっと自信がなかったのだがなんとか朝起きることができた。

まず、わむさんと上陸作戦をプレイ。太平洋戦争序盤の上陸作戦をモデルにしたツクダの初心者向け上陸作戦(架空線)。ランダムでわむさんが日本軍、私が連合軍。標準ゲーム。
151122a.jpg
日本軍の攻撃が神がかっていて攻撃すると必ずDEという勢い。あっという間に連合軍のユニットが消滅していき全9ターン中4ターンには首都を防衛する見込みがなくなり投了。無敵皇軍神話を作るのに貢献してしまった。
151122b.jpg
続いてわむさんが持ってこられたWar of 1812をインストしてもらう。ナポレオン戦争と同じ時期に北米五大湖周辺で争われた米英戦争全体を表す。コロンビアの積み木ゲームの中でも比較的古いゲームでカードを使わないシンプルなシステムだが、陸戦と同時に三つの湖での海軍の戦いもあり、英軍に協力したインデイアンも出てくる。
ランダムでわむさんがアメリカ軍、私が英軍を担当。海軍ユニットは質が一定なのに対し、陸軍は兵科や最大戦力がバラバラのをランダムに引いて使う。結果、英軍は初期配置で4戦力ある精鋭歩兵を1個しか引けず、正面切って戦うのは苦しい体制に(そもそもアメリカ軍の方が初期配置の数が多い)。
151122c.jpg
一年目、米軍は中央のオンタリオ湖で攻勢に出て我軍の水軍拠点を奪われる。我軍は東部のシャンプレーン湖で攻勢に出る。米軍はオンタリオ周辺で我軍が反撃できないと見てとり軍を東へ回しモントリオールとケベックが陥落する始末。兵力に劣る英軍は決戦を避け、米軍拠点のひとつアルバニーを攻めるというポエニ戦争的な互いに相手の拠点を攻める展開に。
151122d.jpg
二年目、英軍は増援を出すケベックを抑えられ、ケベック郊外で睨み合う。しかり、米軍も主力をケベックに拘束されていたため、アルバニーをおさえていた主力をオンタリオ湖奪回に動かし、さらに西部で攻勢に出てデトロイトの攻略に成功する。
三年目、7ブロックという大量の増援がケベックに登場。米軍は追撃をかわしながらオールバニからオンタリオと逃げ回ってモントリオールまで一周する。この間に、西部エリー湖で両軍3艦隊同士の決戦が起こる。完全に互角のダイス勝負だったがわむさんの出目が冴えイギリスエリー艦隊は予想外の大敗で壊滅する。1年目からの戦いですり減っていた部隊が米増援軍との交戦で壊滅したハンデなどもあり優勢ではあったが勝利ラインの10点差には届かなかった。2時間ぐらい。
151122e.jpg
軽量手軽なゲームでありながら、積み木の特徴を活かしたいい意味で悩ましいゲームだと感じた。ルール的に一個の主力軍が暴れまわる展開になりやすそうだが、兵站ルールもあるので致命的ではなさそう。

昼食はいつものお弁当。

昼食後、ダウン・イン・フレームズのキャンペーンを観戦。スターリングラード戦のシナリオだったのかな。私が観ていた1回めの任務は翔鶴さんの赤色空軍の容赦のない攻撃でドイツ軍のスツーカがひどい目にあっていた。その後はバトルシップカーニバルが忙しかったので確認できなかったのですが5ミッションまで進んでいた模様。
151122h.jpg

その後、バトルシップカーニバル卓に参加。1戦目で16インチ長砲身、26ノットでレーダー搭載という史実に近いノースカロライナで15インチ強装弾の長門を破り勝利。
151122f.jpg
はじめのころは中〜低予算が多く軍縮条約で苦しんだり、予算1と2の競作という酷いコンペもあったが、敵国がヴェネトに18インチを積むという驚異の戦艦を出してきて、最後はみんなでアゲアゲ。私は夢の18インチ砲12門のサウスダコタ(1920)で挑んだが、IMUさんのソユーズが同じく18インチ搭載で頼みの火力が引き分けで採用が取れず。
151122g.jpg

オペレーション・グレネードは朝から隊長さんと麦さんが対戦。連合軍が順調に進撃していた模様。
151122i.jpg

龍虎三国志はいのさんの主催で4人でプレイされていました。これも気になっていたのですが詳細は不明です。
151122j.jpg

連戦で結構疲れてしまい帰りの電車の中で寝てしまい危うく和泉中央に逆戻りすることろでしたw
posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168420413

この記事へのトラックバック