# # # #

2016年01月18日

真田丸 第二回

昨日は雑用で書けなかったけど一応リアルタイムで視聴しました。

今回は天目山の戦いから武田滅亡後の織田に従属することを決めるまで。

勝頼の自決場面とか、裏切り者の小山田信茂を処断する織田信忠とかは良かったと思う。

一方主人公たる真田家まわりと、後々宿敵となる徳川はソフトムードが目立った。まあ、家康は穴山梅雪と対面するシーンでさっと公人の仮面をかぶるところは良かったので今後の台頭に期待。

シリアスな場面とコミカルな場面のバランスを受け入れられるかどうかでこの作品の評価が決まりそうですね。

今回は真田昌幸が囲碁のソロプレイをしていました。私は囲碁は全然打てないんだけどあの盤面はわかる人が見れば意味があるのかな?
posted by AMI at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦長私的記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172243974

この記事へのトラックバック