# # # #

2016年06月19日

和泉歴史(ゲーム)研究会 2016年6月19日

参加者:12名?
プレイされたゲーム:講談級大坂の陣(GJ、4戦?)、Reds(GMT)、群雄割拠(国通)、Kingdom of Heaven (MMP)、第一次世界大戦(国通)、バルジの戦い(国通、2戦)、Sugoroku Simulation 第三帝国(国通)

他の参加者のレポート
  • THEN WHAT?

    講談級大坂の陣はチット引き+行動力システムのお手軽会戦級ゲーム。共通の基本システムで冬の陣と夏の陣の2つのゲームがプレイできる。冬の陣は大阪城のうち真田丸とその周辺での戦いを再現してる。中央に真田幸村が篭もる真田丸があるがゲーム上真田丸を攻撃する勝利得点的なメリットや攻略を強制するようなルールははないようなので、当然他のより弱い部分に攻め込みますわな。
    160619a.JPG
    夏の陣は真田隊が攻撃側で目標が家康の首とストレートなので冬の陣よりは「ヒストリカル」になる模様。
    ルールは横でプレイされているのをちょっと見ていただけで概ね分かったので、手軽に一戦やりたいような時には良いのではなかろうか。

    本格的にやりたいなら夏に再版される予定という「幸村外伝」(ツクダ→GJ)の方がよりお勧めだろう(こちらは夏の陣だけだが)。

    私は午前中に群雄割拠を4人で一戦。今川、大内、織田と大名のメンツは悪くなかったが、上洛チットの引きが悪かったり北九州攻めで三連敗して完全支配できずとかあって低迷。伊達、長宗我部、上杉を選んだエムデンさんが勝利。
    160619a.JPG

    160619c.JPG
    チット引きのロシア内戦のReds (GMT)。白軍が苦戦していた模様

    昼食後、わむさんとKingdom of Heavenを対戦。シナリオは無難に第三次十字軍。ランダムでわむさんがキリスト教徒、私がイスラム教徒。前半はムスリム側のサラディンが、後半はオールスターの十字軍が来るクリスチャンが主導権を握る。
    160619d.JPG
    第一ターン、サラディンはイベントカードで不毛地帯を走破して一挙にエルサレムに向かいこれを攻囲するが、適当な攻囲イベントがなかったので引いたカードが疫病でしかも自陣に降りかかりサラディンが病に倒れる(兵隊達はピンピンしてたのに…)。港湾都市よりも攻めやすいエルサレムを最初に片付けてから周辺を掃討する予定だったのだが……。
    第二ターン、今度はいい感じの攻囲イベントが3枚も引けたので気を取り直してもう一度エルサレムへ行軍、攻囲するが、休戦を出されて大事な攻囲イベントを2枚無駄に捨てさせられる。抵抗値を1まで下げて越冬に成功。
    第三ターンにようやくエルサレムを攻略するものの、都市一個落とすのに3ターンかかって十字軍が来るまでに十分な安全マージンが稼げなかった。
    160619e.JPG
    第四ターンに第三次十字軍が到着。カトリック陣営は戦闘力が一番高いリチャード獅子心王の軍でエルサレムを攻囲し、2ターンかけて陥落させ、さらにその後ダマスカスも開城させる。バルバロッサはイベントで退場させたももの、サラディンは能力値で優るリチャードとの直接対決を嫌ってアンティオキア方面で攻勢に出る。相手は二線級の指揮官だったがサラディンの戦闘ロールで1を出してしまい痛み分けになり、時間を浪費する。
    エルサレムが落ちてしまったのでサラディンは腹をくくってエルサレムを攻囲するが決定打を与えることはできず、ゲーム終了。目標19点に対して21点あったのでキリスト教陣営の勝利。
    160619f.JPG
    イスラム教陣営は目標25点に対して11.5点しかなかったのでエルサレムが落ちてかろうじて引き分け。序盤の戦略が不味かったかな
    160619g.JPG

    バルジの戦いは今年のウォーゲームハンドブックの付録ゲーム。SPIのThe Bulgeはベーシック3(HJ)にも採録されたゲームだが、タイ・ボンバのリデコで別ゲームになっている模様で、ハンドブックの付録としてはどうなの?という声が上がっていた。

    昼食は吉野家。ネギ好きなので豚ネギ玉丼にしてみた。
    160619z.JPG
  • posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/175789697

    この記事へのトラックバック