# # # #

2016年08月04日

始皇帝と大兵馬俑(国立国際美術館)

承前

大阪市営地下鉄で肥後橋まで出て「始皇帝と大兵馬俑」を開催中の国立国際美術館まで歩く。

160727d.JPG

俑とは死者を埋葬する時の副葬品の人形で、兵馬俑は兵士や馬を象ったもの、狭義には始皇帝陵から発掘されたものを指す。始皇帝陵では1974年以来、約8000体が発掘されている。

160727e.JPG

訪れた日は平日ということもあり思いの外空いていた。

兵馬俑は将軍、歩兵、弓兵、騎兵などが1体づつ全方向回りこんで見られるように配置されていて鎧等の装備の違いも比べることができ見応えがあった。あえて贅沢を言えば何全体もずらっと並んでるのを感じさせる展示が欲しかったかな。

あと、私はコインロッカーに手荷物を置いて入ったので撮れなかったのだが、最後にレプリカの兵馬俑を撮影できるコーナーがあるので、カメラや携帯を持って入るのがよろしかろう(メインの展示部分は撮影禁止です)。

2時間弱程度。歩き疲れたのでコレクション展示はパスして退出。

その後、日本橋まで行き、買い物をしてから帰宅。

大阪展は10月2日まで。

参考:特別展「始皇帝と大兵馬俑」
http://heibayou.jp/
posted by AMI at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176358115

この記事へのトラックバック