# # # #

2017年01月31日

大洗防衛戦(ぱんつぁーふぉー!/2)

「大洗防衛戦」は『ぱんつぁー・ふぉー2』に含まれる前作用の拡張シナリオのひとつで、前作の拡張シナリオ「これが本当のアンツィオ戦です」に付属したカードを使わない初心者向けの「初めての戦車道」ルールの改良版を使用する。
劇場版の前半のエキシビジョンマッチの後半、大洗町役場周辺での戦いを再現する。

1月31日はカチャーシャ様のお誕生日ということで、カチャーシャ様の出て来るシナリオの中から未プレイのこのシナリオをソロプレイしてみた。

初期配置の選択。本来なら聖グロとプラウダはキャラクターを一人づつ選択だが、お誕生日記念のサービスでプラウダは3人とも登場。聖グロは能力的にはオレンジペコ嬢の方が使い勝手が良さそうだが、新登場のローズヒップを投入することとした。
170131a.JPG
第一ターン、主導権は大洗&知波単6、聖グロ&プラウダ4。大洗&知波単は最初から射線に入っているクルセイダー隊を一掃すべく四号と三式を展開。、聖グロ&プラウダはクルセイダーの手当はせずにプラウダ隊を前進させ、ポルシェ・ティーガー他の排除にかかるが、ノンナのIS-2の攻撃はポルシェ・ティーガーの正面装甲を貫通できず(シベリア送りか)。
ヘッツァー、三突、三式、四号の斉射でクルセイダー4台は綺麗に全滅。

第二ターン、主導権は大洗&知波単2、聖グロ&プラウダ4。聖グロ&プラウダはフラッグ車も前進させて手近の戦車から排除にかかる。大洗&知波単は四号と三式を展開させて、T-34/85の側面を衝く。
あんこうチームの四号が先手をとってクラーラのT-34を撃破(シベリア送りか)。
IS-2の射撃はレオポンチームが必死の防御を見せるが、ノンナも貫通能力を消費してようやく撃破。カチャーシャのT-34/85はフラッグ車を守っている三式を撃破する。B1bisを狙ったT-34/76の攻撃は失敗。

第三ターン、主導権は大洗&知波単6、聖グロ&プラウダ5。先攻になってしまった大洗は優速のT-34を振り切れないので四号を思い切って前進させる。駆逐戦車二台も前進するが展開が間に合わない。
至近距離で正面からの対決となったあんこうチームの四号対カチューシャのT-34/85だが、先手を取ったカチュアーシャの射撃が5・5で西住殿が防御しても届かず貫通、聖グロ&プラウダの勝利。
170131b.JPG

あとで気づいたが冷泉殿の移動力+2を使えばこのターンは振り切れたな。

移動制限が元のルールよりゆるいので展開がスピーディでこれはこれでありかもしれない。というか、このルールなら30vs30でも出来るんじゃね?
posted by AMI at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178615988

この記事へのトラックバック