# # # #

2017年02月26日

とりのゆめ/bird's eye

承前。ついでといってはなんだけど、ネットで話題になった「襟具状土偶」を見てきた。



三宮駅前まで戻りいつものバーガーキングを覗いてみたけどなんだかお客さんがいっぱいだったので、そのまま新開地へ移動。

新開地の昔話を作るという企画展。神戸市兵庫区の新開地は本来、湊川の付け替え工事で二十世紀初頭に出来た地域で、それより古い歴史はないんだけど、古文書や土偶などのを遺産を創造してみたということらしい。創造された神話に出てくる武神を模したのが襟具状土偶。もちろん、神戸市を舞台に大暴れしたペタン星人の侵略ロボット(ウルトラセブン)がモデルなので似ていて当たり前。
小さな展示なんだけど、歴史に異説はつきものということなのか二つの異説で構成された展示方法は面白かった。

これだけのために行くのは大層だけど、無料なので近くに行くついでがあれば……。

参考:とりのゆめ/bird's eye
http://www.kavc.or.jp/art/eam/2016/
posted by AMI at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178913491

この記事へのトラックバック