# # # #

2017年04月16日

和泉歴史ゲーム研究会 2017年4月16日

参加者:12名
プレイされたゲーム:Star Wars: Rebellion (FFG)、Triumph & Tragedy(GMT)、賤ヶ岳戦役(GJ)、人生ゲームMOVE!(タカラ)、壬生狼顛末記(国通)、三国志覇王(翔企画)他

私はototoさんとImuさんに誘われTriumph & Tragedyに参加。一部でカルト的な人気をもつ1936年から始まる積み木のヨーロッパ大戦。お二人は初プレイ。私は以前一回プレイしたことがあるが、今日プレイする予定じゃなかったのでルールの重要な部分はかなり忘れていて戦闘始めてから困ったりした程度。
私はたまたま立ってた位置からドイツ(枢軸)と言われた。後々ゲーム全体の流れを考えるとランダムで決めるように主張した方が良かったのかもしれないけど、それほど強い気持ちも無かったので流されるままドイツ首相に就任。
170416a.jpg

前半はプレイ感覚を思い出せず貴重な国力を外交戦で浪費した。
遅まきながら中立国に軍事進駐する政策を始め中欧2/3ぐらいを併合、低地諸国にも進駐したがパリにフランス軍ブロックがアホみたに並べられるのを見て開戦する気力が萎える。その後は北欧に行ったり、トルコに行ったりしてお茶を濁す。
1944年秋にソ連に先制攻撃を受けルーマニアが蹂躙される。
1945年にバクーをがら空きだったのでトルコ方面軍でこれを踏んで、残りの行軍数(たしか2歩兵と2〜3空軍)注ぎ込んでレニングラード(要塞、歩兵、戦車とかそんな感じ)を強襲したがそんな話がうまくいくはずもなく、独ソはこの1年間押したり返したり。
170416e.jpg
戦争には関与せず工場と技術開発に注力していた西側連合が勝利。
ドイツの戦略は最初から破綻していたので展開について論評することはないが、ゲーム的には面白かったと思う。
戦争が少なかったことも有り16時頃に終わったが三人でできる適当な弾がなかったので閉会までゲームが続いていたテーブルを眺めたりして過ごす。

170416b.jpg

170416c.jpg
人生ゲームはボードの一部が歯車状になっていて回転するという謎のギミックを搭載した最新(?)バージョン。そこがどのように機能したのかは不明だがプレイ自体は盛り上がっていたようだ。

昼食は今回もお弁当を購入。
posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179468983

この記事へのトラックバック