# # # #

2017年08月06日

例会報告 2017年8月6日

参加者:6名
プレイされたゲーム:Inside the Armor(Web公開、ソロ)、Combat Commander: Europe (GMT、3戦)、信長後継者戦争(GJ、三人練習戦、四人戦)、Blitzkieg! A 20 minutes WW2(Web公開)、環状線SPEED、アクワイア、トランス・アメリカ

他の参加者のレポート
  • 有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

    10時前に到着。誰も来ないので、昨日コンポーネントを作ったBlitzkrieg!やInside the Armorのルール確認ソロをしていたら、午後から到着と予告されていたオデッセイ師とタケタケさんが到着。最初は他の方が車を出してくださる予定だったが都合が悪くなり、みねさんが二人とMega Civilization本体を迎えに行ってくれたようだ。先月の例会で今日切断する合意ができていたと思ったのだが、みねさんには別の思惑がありそのまま自宅へ持ち帰る。

    私はタケタケさんとCombat Commander: Europeをプレイすることになり、タケタケさんは初プレイなのでインストから。シナリオはS1に代わるインスト用シナリオ候補として選定中のひとつ、C3i Magazine掲載のS105 "La Fiere Counter attack"を選択。1944年6月6日、大河を挟んでマップ内唯一の渡河点を守るアメリカ軍の空挺兵と攻撃するドイツ軍。ユニット数も少なく攻撃目標もわかりやすい。守備側のアメリカ軍が防御態勢ではなく偵察態勢というのもポイント。勝敗を競うという観点からは攻撃側の方が難しいのだが、最初は自分の裁量で動けた方がいいと考えでドイツ軍を担当していただく。
    170806a.jpg
    ドイツ軍は橋の正面と右翼の建物軍に陣取る2部隊で射撃戦を仕掛けつつ、小部隊を橋に接近させてくる。強力な11火力の砲兵などの増援も登場し、アメリカ軍の指揮官を倒すなど戦果も上がりつつあったが(指揮官は無傷で切り抜けるで復活)、攻撃方向が分散していたため時間切れでアメリカ軍勝利。
    170806b.jpg

    若干遡るが、S105のプレイ途中でオデッセイ師が腹が減ったと言ってきたので、3人で喫茶店へ。来週の個人対戦や曙会について打ち合わせ。初めてサンドイッチを頼んだら京都タイプの卵焼きを挟んだやつでうまかった。

    タケタケさんに気に入ってもらえたようなので続けてCC:E本編からS4 "Closed for Renovation"をプレイ。バルジの戦いの後半、大きな屋敷に籠もるドイツ軍をアメリカ軍が攻撃するシナリオ。タケタケさんに陣営を選んでもらい、タケタケさんドイツ軍、私アメリカ軍で。
    170806c.jpg
    屋敷から壁と木立で遮られた道路を守っていたのがわずか1個班だけだったので正面の2個分隊を排除した後、この方面に主力を投入。ダイスドローでタイムを連発してしまい時間との勝負になったが最初のサドンデス判定はパスして2回の突破に成功。ドイツ軍の反撃の動きも封じ、得点を盛り返すのが難しいというところで打ち切りにした。
    170806d.jpg

    タケタケさんの希望で同じシナリオ、同じ陣営でもう一戦。今度は道路をしっかりガードされたので、前衛を撃破した後、煙幕と白兵戦を駆使して屋敷の一角に取り付くことに成功したものの第二陣を送り込むことができず、最後の詰めができずに時間切れ敗北。いつもついつい忘れてしまうのだが、砲兵隊の使い方が間違っていた。
    170806f.jpg

    ほぼフルサイズで3戦したけど、ユニット少なめのシナリオだったこともあり、インスト、昼食込で3戦プレイしてまだ18時とサクサクプレイできた。とはいえ、もう1戦は時間的にも厳しいかなと思ったので、昨日準備してきたDTPゲームを付き合ってもらうことにした。

    Blitzkrieg!は20分でプレイできる第二次世界大戦という触れ込みのWeb公開ゲーム。昨日勢いでコンポーネントを作った。手持ちの戦力をどの戦場に投入するか選択し、戦場の効果とユニットの効果を適用し、VPに繋がる戦役の制覇を目指す。
    ランダムでタケタケさんが先手の枢軸国、私が後手の連合国。最初は予想通り工場の争奪から。しかし、相手が先に来た戦線に弱い部隊を投入する決断がなかなかできず、じわじわとリードされる。かなり追いついた時期もあったのだが、終始戦力値の低さに悩まされ、10戦役終わったところでタケタケさんの勝利。
    170806h.jpg
    選択肢がタイトなので長期戦略は立てにくいものの、さりとて引き運だけがすべてとも言う切れない感じ。もう少しプレイしたい。

    もうひとつ、大阪環状線SPEEDは環状線でトランプゲームのスピードをやるゲーム。タケタケさんはお仕事で環状線を利用する機会が多いそうで、ちょうど良かった。私が2枚残してタケタケさんの勝利。
    170806j.jpg
    こちらは大体予想通りかな。環状線の駅がある程度わかれば楽しいと思う。

    信長後継者戦争は提督主宰で、初プレイのみねさんとCTDAさんに3人戦でインストをしたあと、オデッセイ師を加えて仕切り直しで4人戦がプレイされていた。反逆者(明智)が辛くて途中終了になったようだ。
    170806e.jpg
    オデッセイ師によれば3人プレイの方がいいとのこと。実際にプレイに参加せずにこの情報を得られたことは僥倖だ。

    アクワイアは信長〜を切り上げた四人でプレイ。詳細不明。
    170806g.jpg

    トランス・アメリカは超ライトな鉄道ゲーム。オデッセイ師帰宅後、残った三人でプレイされていた。このゲームが始まる時点で早仕舞いぽい雰囲気を漂わせつつ始まっていたので、こちらは環状線SPEED終了後撤収態勢だったのだが、いざ始まってると白熱した戦いなっていた。ゲーマーって哀しいw タケタケさんもプレイが早いのでInside the Armor終わってたかもな。
    170806i.jpg

    本日は以上で終了。私は食事会には参加せずに帰宅。
    タグ:CC:E
  • posted by AMI at 09:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 例会記録
    この記事へのコメント
    みねさん
    CDTAさん

    独立勢力は正統性をもってないので、高い低いを比べられません。
    なので、低い相手とはいえません。

    そのため、正統値を比較するカードは独立勢力には使えません。


    との返答でした。


    Posted by 提督 at 2017年08月08日 11:05
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/180571951

    この記事へのトラックバック