# # # #

2017年09月04日

例会報告 2017年9月3日

参加者:4名+食事のみ1名
プレイされたゲーム:Twilight Struggle (GMT、3戦)、Combat Commander: Europe (GMT、2戦)、ボナンザ、群雄割拠(国通、ウォーゲーム日本史)+4人用拡張(同人)

本日は参加人数少なめの予想だったので、トワイライトストラグル杯消化メインの予定。
私は日程消化が一番進んでいるので、先に来場したオデッセイ師とCTDAさんに対戦を先に進めてもらう。
一戦目はCTDAさん(ソ連)対オデッセイ師(アメリカ)。点数でリードするソ連、盤面の支配を高めていくアメリカという好展開だったが、第8ターンにデフコントラップでアメリカ自爆。
170903a.jpg
この試合の途中でみねさんと総統閣下が来場し、二人はゴーゴーカレーへ。総統閣下は食後帰宅された。

対戦終了後、3人で喫茶店へ。私は今回もたまごサンド。
170903h.jpg

二戦目はみねさん(ソ連)対オデッセイ師(アメリカ)。第4ターンにソ連が20点で押し切る。
CTDAさんは先の対戦でお疲れだったので、私は読書していた。

二戦目が終わった後、みねさんももう1戦やるのはしんどいと言い出したので、オデッセイ師がCombat Commanderで相手をしてくれた。
とはいえ、今回はオデッセイ師との対戦を意識したシナリオは用意してなかったので、先日紹介したTD-1 "Training day 1"を試験投入してみる。バルジの戦いモチーフだが仮想設定。ランダムで、オデッセイ師アメリカ軍、私ドイツ軍。5番地点の橋を巡る遭遇戦。
170903b.jpg
初手に移動カードがなくいきなり手札交換からスタート。5番の橋は確保できたものの、アメリカ軍は自分側のチットに自信があり、ドイツ軍は確たる攻め手を欠いて睨み合ったまま終了。チットの確保が4対4の同点だったので主導権を持っていたアメリカ勝利。消極的過ぎた。
170903c.jpg

短時間で終わったので、もう1戦。C3iマガジン付録のS104 "Go for Broke"。1944年10月28日。霧に覆われた斜面をアメリカ軍の日系二世部隊442連隊戦闘団が攻め上がるシナリオ。ランダムで、オデッセイ師ドイツ軍、私アメリカ軍。
170903d.jpg
防御側のドイツ軍ユニットが0点なので地雷原を突破して盤外脱出をしなければならない。待ち伏せカードが潤沢にあったので強引に白兵戦を挑んだものの、地雷原から地雷原への進撃は無理がありすぎて最精鋭のスタックが全滅。タイムの出が早かったこともあり、そのまま劣勢を跳ね返せず敗北。
170903e.jpg

その間に回復した二人で三戦目トワイライトの三戦目が行われていた。CTDAさん(ソ連)対みねさん(アメリカ)。第7ターンにソ連が20点で押し切る。これでサバイバルメンバーは全員残り1戦。途中で空白期間ができて時間がかかってしまったが、終りが見えてきた。

最後に4人全員でボナンザと群雄割拠をプレイ。
ボナンザはワーカープレイスメントで高名なローゼンベルクの旧作。途中でルールが変わったので追い風参考だが、CTDAさんと私が同点一位。
170903f.jpg

群雄割拠は4人なので自作拡張込みで。初期配置にずらっと有力大名が並び牽制し合うが、全員0でダイス勝負から。ダイス順では4番だったオデッセイ師だが残り福だったようで盤石の勝利。
170903g.jpg

プレイ順
125 みねさん 大友-北条-伊達-朝倉
102 CTDA 上杉-龍造寺-斉藤-三好
115 AMI 織田-大内-長宗我部-毛利
142 オデッセイ 武田-島津-今川-六角・畠山

夕食は牛タン定食。オデッセイ師と西大寺駅まで同行して解散した。
posted by AMI at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180873366

この記事へのトラックバック