# # # #

2017年12月10日

和泉歴史ゲーム研究会 2017年12月10日

参加者:7名
プレイされたゲーム:Star Wars: Rebellion (FFG)、コンコルディア+サルサ拡張(2戦)、信長包囲戦(GJ)、薔薇戦争(GJ)、なんてったってガンガル、ウォーハンマー・アンダーワールド:シェイドスパイア

他の参加者のツイート
わむさん:(1)
かう゛ーるさん:(1)(2)(3)
(今回あまり写真撮ってなかったので)

二ヶ月ぶりの和泉。駅前でパンを買って、9時半を少し回って会場入りしたら、スターウォーズ:レベリオンとコンコルディアが準備されていた。
コンコルディアはまだ入れるというので私も参加。イタリアマップで基本ルールのみの4人プレイ。ウンブリアに2個あったワイン都市を両方抑えられたので、ワイン商を狙う。最初にカードを買ったときに商人のついでに石工を買ったのでレンガ都市も増やす。早く終わらせるつもりはなかったんだけど、ミネルヴァの条件に添って家を建てていったら建てきって、コンコルディアを取って終了。カードを3枚しか買ってなかったので自信はなかったがコンコルディアの積み増しで同点、タイブレークで大長官所有で勝利(赤)。
171210a.jpg

昼食後、3人でもう1戦。東地中海マップでサルサ拡張ルール入でプレイ。追加要素はオールマイティで使えるが売却できない新産物「塩」と、固有の追加能力を与える人物を勧誘できる「フォーラム」の2つ。私が最初に選んだのは倉庫が4枠!増えるアグリッピナ(レンガ1個つき)。
1番になったが、先手の利が感じられず、むしろ所持金の少なさに苦しめられた。金を得るために家が1個しかない州で長官使い続けたのが敗着かなぁ。さこやんさん(黒)が家を建てきって勝利。
171210b.jpg
塩は私は活用しなかったけど、各産物の個性が薄められるので無い方がいいかなぁ。
フォーラムは個々の能力は面白いと思うのだが、護民官使用時に追加取得するので考慮する要素が増えて、基本ゲームのシンプルな良さを殺してしまう感じがした。
全般的に基本ゲームの方が好みかな。

薔薇戦争はゲームジャーナル最新号の第二付録。さこやんさんに教えてもらいながらお試しプレイ。ルール的にはほぼ太平記だが、増援を敵味方中立ごった煮のカップから引くのが特徴的。
自分側にヨークの駒があったのでヨークを選択したが、初期配置の戦力が低い上に、ランカスター側のランダム中立武将が4-3のフォーコンバーク男爵ウィリアム・ネヴィル(要は☆1の楠木正成!)、主導権や支配のダイスも振るわず2ターンで押し切られてしまった。
171210c.jpg
171210d.jpg
増援ルールがちょっと乱暴な気がするけど、太平記ルールそのままっていうのはプレイしやすくていい。
コンポーネントは色気に欠けるけど使いやすさ的には問題なかった。

最後に微妙に時間があったので「なんてったってガンガル」を4人でプレイ。「なんてったってホノルル」の私製ヴァリアント。的確なチェックを繰り出していたかう゛ーるさんが勝利。

なんばマルイで第二次攻撃を実施して帰宅。ガルパンのショップもついでに覗こうと思ってたのに忘れてたわ。
タグ:薔薇戦争
posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181818009

この記事へのトラックバック