# # # #

2018年01月13日

TSS例会 2018年1月13日

参加者:5名
プレイされたゲーム:ぱんつぁー・ふぉー!+2拡張シナリオ(国通)、艦これセンチュリー、ナショナルエコノミー:メセナ、ワイナリーの四季、なんてったってガンガル、三国志スプレンダー

突発的にTSSに参加。参加表明したのだが前日だったので本格的なウォーゲームは無理かなと思い、ぱんつぁー・ふぉーと小型のゲームだけ詰め込んで軽装で出発。

会場に着いたらベタわんさんお一人だったので、「ぱんつぁー・ふぉー!」の相手をしてもらう。「エキシビションです」は「2」で追加された劇場版序盤の大洗・知波単vs聖グロ・プラウダの試合のうち、ゴルフ場から転戦して大洗市街へなだれ込むあたりから始まるシナリオ。ランダムでベタわんさんが聖グロ・プラウダ、私が大洗・知波単を担当。
180113a.jpg
1枚目でいきなりエンジン・トラブルカードを引き、ベタわんさんにもアピールしたつもりだったのだが伝わっていなかったようで、街の入口あたりで小競り合いをしている間にもう1枚強制カードを引いてしまい、ダージリン車が登場できないままゲーム終了。
180113b.jpg

不完全燃焼のゲームだったが、ここで3人になったので、ベタわんさん作の「センチュリー:スパイスロード」の艦これ版に移行。アクションカードで資源を備蓄したり交換したりしながら新しい資源やアクションカード、勝利得点カードを獲得していく。プレイ感は全く違うが、カードを回すコンセプトはコンコルディアに似てるかな。初期手札が2枚しかなくカードを取得できる機会の点で運の要素が強い。
180113c.jpg

昼食はコンビニ飯。

「ナショナルエコノミー:メセナ」はカードのみを使用する軽量級のワーカープレイスメントゲーム。プレイ感そのものは軽いが、例によってワーカーの維持コストがのしかかるので私には辛かった。追加で建てる建物は自分の手札から出さないといけないのがサンファンっぽい。
180113d.jpg

「ワイナリーの四季」もワーカープレイスメントゲームだが、ワーカーの維持コストがかからないので比較的プレイしやすかった。まあ惨敗なんですけどw 基本的にはいいワインをつくって出荷するのが目的だが、その他の道筋も用意されている。
180113e.jpg

「なんてったってガンガル」は拙作のスーパーロボットの身長体重を予測して並べるゲーム。写真撮ってなかった。

最後にベタわんさん作の「スプレンダー(宝石のきらめき)」の三国志版をプレイ。久々にやったけどやっぱりこのゲームは苦手。
180113f.jpg

終了時間まで居たので終電になってしまったが地下鉄が混んでた以外はゆったり帰れた。
posted by AMI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182171685

この記事へのトラックバック