# # # #

2018年01月21日

例会報告 2018年1月21日

参加者:4名(見学1名)
プレイされたゲーム:ぱんつぁー・ふぉー2(国通、ソロ)、Terraforming Mars、ワイナリーの四季

事前情報で参加者が少なそうだったのでゲームを絞って軽装で行く。10時過ぎに到着。ぱんつぁー・ふぉーの拡張シナリオの配置を検討したり、ぱんつぁー・ふぉー2の序盤を検討したりする。
11時半も回ってようやく人が集まり始めそのまま昼食へ。総統閣下は今回もカレーを食べた後帰宅。

私は3人ゲームはまったく想定していなかったので、ototoさんの希望するTerraforming Marsをプレイ。火星を人間の住めるように惑星改造するという体で、開発に参加している自分の会社の点数を伸ばすゲーム。マップとかカードはまあ普通だけどキューブはSFチックでクール!
180121a.jpg

最初に会社と初期の手札を10枚から選ぶ(10枚全部選んでもいいがその分手持ち金が減るルールなので初めてプレイする人には厳しいルールだが、全員が習熟していれば序盤の成長時期を圧縮できるのだろう)。選択肢が多すぎて判断しづらかったので、ototoさんのアドバイスを仰ぎ、電力関係のコストが下がる電力会社でその能力を活かせる系のカードとロマン系といわれたすべての生産コストを2下げる(当然ながら前提条件が厳しい)カードを選んだ。
180121b.jpg
最初からわりとふんだんに体力がある状態で始まるので序盤の立ち上げのしんどさがなく、比較的に快適にプレイできる。序盤電力系のカードを全然引かなかったので現金収入を強化していく。ototoさんは熱系を中心に手広く色んな能力を上げていた。みねさんは水採掘系?
報復手段も適切なカードを引いてないとどうしようもないので、ototoさんの動物に私の植物が食い荒らされたり、みねさんの蟻が私の菌類を食い荒らされたりしても泣き寝入りするしかなかった。
180121c.jpg
プレイ人数が少なかったというのもあるみたいだが、終了条件を満たすまでに意外と時間がかかり、使用したカードの数が酷いことになった。終盤、みねさんに強引に気温を上げれば1ターン早く終わると指摘されたが、自分の構成的にはゲームが長引いた方が点数が伸びるし、無理やり切り上げるほど苦痛なプレイでもなかったので普通に得点効率重視で継続。ototoさんには大差を付けられたが、科学系を発展させてコストを下げる技術を複数並べ、増強したドロー能力でカードを増やしていくサイクルが構築できたので良しとしよう。
インスト込みで4時間弱?
180121d.jpg

あと、火星を表す盤面は次第にタイルで埋まってはいくのだが、シミュレーション寄りの設定じゃないのでそこにロマンが感られなかった(ただゲーム上の要請があるから置いているだけというか…)。私的には可もなし不可もなしかな。

その後、先週に引き続きワイナリーの四季。前回詳しく説明されなかったので、パパとママがぶどう園をやってるのかと思ったら、二人はプレイヤーの親で既に死んでいるらしい。今回の父親は浮気して非嫡出の兄を残してくれたw
180121e.jpg
ワーカーを増やすアクションを一回節約できたのと、みねさんが1番を開けてくれたのと、序盤に引いた2枚の出荷カードが両方とも自分のぶどう種をマッチしていたので順調に出荷を始めることができた。イベントカードの引きはいまいちだったが、その分堅実にワイン作りに注力でき、この手のゲームには珍しくトップで20点を超え勝利。
2時間弱ぐらい。
180121f.jpg

今回もおなかが減っていなかったので夕食会には参加せず帰宅。
posted by AMI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182203439

この記事へのトラックバック