# # # #

2018年09月12日

超人ロックと私

国際通信社から往年のエポック/レックカンパニーの名作「超人ロック」と「マレー電撃戦」の再販が発表されました。

「マレ電」は当時日本陸軍にまったく思い入れがなかった(今も緒戦の日本軍優勢の時期にはあまり興味がないんですが)のでプレイ機会がなくよくわかりません。

「ロック」は私は数えるほどしかプレイしてないのですが、SOLGERでも毎回卓が立つほど流行ってたし、絶版になった後は複数のサークルから同人クローン版が出ていたほどのカルト的な人気作でした。

よくできたゲームだと思うのですが、正体隠匿系のゲームで特に当時は全部のキャラを記憶してからがスタートライン的なところがあったので、正直なところプレイ体験としては良い思い出はありません。

でも、後にこのゲームのシステムを下敷きにして幕末京都の暗闘をテーマにした同人ゲームを買ったことがあるので、ゲームシステムそのものには嫌悪感はなかったのかなぁ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184365068

この記事へのトラックバック