# # # #

2018年11月11日

例会報告 2018年11月11日

参加者:8名(ゲスト3名、顔出し1名)
プレイされたゲーム:信長後継者戦争(GJ)、西国の雄(ツクダ)、モンスターメーカー5 ソフィア聖騎士団(翔企画)、モンスターメーカー4 4つの神秘(翔企画)、モンスターメーカー7 大預言(翔企画)

他の参加者のレポート
  • 有頂天ゲーマー スーパーオデッセイのおもろい一日

    本日は自分の対戦予定が午後からだったので11時を回ってから到着。みねさん、タケタケさん、提督が来場していた。

    T田さんの来場を待って「信長後継者戦争」、練習プレイを少しやったあと、昼食へ。
    お昼は久々にインドカレー。ナンも好きだけど私はチャイが一番うれしい。

    本番は四人用ヒストリカルシナリオで、明智がT田さん、羽柴が提督、柴田がタケタケさん、徳川がみねさんだったかな。私が帰る時点では柴田がリードしていたようだが、最終的には羽柴が2点差で柴田をかわして勝利した模様。徳川が最下位だったとのこと。
    181111g.jpg

    私はオデッセイ師親子の到着まで、戦国群雄伝シリーズ「西国の雄」から郡山の戦いをソロプレイ。1540年、大内傘下の安芸の国人領主であった毛利元就の安芸郡山城を攻めた戦い。歴史的勝利条件はイマイチなのでゲーム的勝利条件を前提にプレイ。毛利元就(15-3-4、戦力-野戦修正-行動力)は西国無双の能力だがわずか5ユニット、自慢の息子達もまだ登場しないし親分の大内氏はダイス判定に成功するまで腰を上げない。
    対する尼子軍は数こそ多いものの機動性はそれなりレベル。史実ではこの戦役で戦死している尼子久幸(20-2-3)が頼り。
    181111a.jpg
    行動力4の武将が元就しかいない上、大内・毛利方は他にロクな軍勢もないのので前半はサクサク進む。
    尼子は毛利と直接対峙するリスクを避け、石見の益田氏を攻める。
    9月2週に音明城が落城。この修築に尼子軍は時間を取られるが、10月1週には三隈城も攻略。
    この間、安芸方面の抑えとして派遣されていた尼子誠久(10-1-3)を後退させて元就は尼子方の吉川興経(2-2-2)の日野山城を攻める。尼子は主力を安芸方面に転進させるが、救援は間に合わず落城して興経は自刃。しかし、尼子久幸らの前進で元就も本城郡山から分断されてしまう。
    10月4週、大内義隆がようやく重い腰を上げるといったところでオデッセイ師到着予定の時間が近づいたので打ち切りにした。
    181111b.jpg
    開始時の得点が大内方43点、尼子方41点。
    中断時の得点が大内方43点、尼子方45点。
    石見で攻略した2城の修築を最低限しかやってないので、今回の展開では尼子に勝ち目はないかな。
    181111c.jpg

    尼子軍は行動力3の指揮官が限られているので補充表の見た目数値より補充力が低く苦しかった。大内がいつ動き出すか次第の面はあるけど、ターン数が多い割にはサクサク進められたので、そんなに悪くない感じはした。ゲームバランスは尼子しんどいと思うけど。

    オデッセイ親子が到着したのでモンスターメーカー5 ソフィア聖騎士団から。私は魔法カードばかりひいて手札のコントロールが効かなくなり変心を繰り返し、オデッセイJr.の虚無で軍団を全滅させられたこともあったけど宝石をかき集めることができた。最後は私の闇の女王様とオデッセイ師の闇の女魔道士の悪女対決になり、命中率では女王様不利だっただが辛うじて振り勝つことができた。
    181111d.jpg
    181111e.jpg

    今回、滞在時間が短いということで、リクエストのあったモンスターメーカー1と5以外も同シリーズのカードゲームばかり持ち込んだ。
    各ゲームの概要を説明したところ、次に選ばれたのが新規投入のモンスターメーカー4 4つの神秘。魔術師同士の争いで四属性の秘宝を集める。もともとカード引きのウェイトが大きいゲームなんだけど、今回勝った魔術師は回収できるというルールを忘れていてよりランダム性が高いゲームになった。一応私が勝利。
    181111f.jpg

    途中、あるファーリンク提督がお忙しい中近くまで来たとのことで顔出ししてくれた。

    最後にモンスターメーカー7 大預言(プロフェシー)。クエストを達成して七人の勇者を作ると復活する闇の大王を交えて最終決戦をするゲーム。カードゲームとしてはシリーズ最後のゲームのせいなのか若干ルールが荒っぽい。時間切れで各人一人勇者をつくったあたりで途中終了(写真撮ってなかった)。

    オデッセイ親子はこのあと待ち合わせとのことで先に帰宅。信長〜がまだ佳境ですぐには終わりそうになかったので私も後片付けをして先に撤収した。

  • posted by AMI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/184920054

    この記事へのトラックバック