# # # #

2018年12月09日

河内ゲームクラブ 2018年12月9日

参加者:12名?
プレイされたゲーム:元親記:渡川の死闘(TSS、同人)、Scorpius Freighter、ワイナリーの四季、アルティプラーノ他

昨日の忘年会で、明日SOLGERの例会は無いのかという話になった。同卓だったototoさんに聞いてみたら、明日は河内ゲームクラブに行くとのことなので王さまと二人でお邪魔させてもらうことにした。私は存在自体は知っていたのだが、ボードゲームメインのサークルなのでなかなか機会が無かった。
後で調べてみたら他にも同日開催されているところはいくつかあったけど、河内は王さまと旧交があった人も何人かいらっしゃったのでちょうどよかったかな。

王さまが関西での行動用にレンタカーを確保していたので自宅前で拾ってもらい河内へ。途中、大平和祈念塔を見ました。噂には聞いていたけど遠目から通りがかっただけでもすごい存在感でした。

多人数でできるゲームは会場にいくらでもあると思ったので、私は対戦ゲームをいくつか持ち込み。その中から王さまのご当地大名、長宗我部元親の活躍を再現する同人合戦ゲーム3in1「元親記」から渡川の死闘をプレイした。チット引きシステムで、ひとつの軍は3〜5程度の部隊単位で行動する。
渡川の戦いは四万十川との戦いとも呼ばれ、一度は土佐から放逐された土佐一条兼定が伊予国人の支援を受けて土佐に舞い戻り、土佐を掌握した長宗我部元親と対決する戦い。

王さまに質量ともに優る長宗我部軍を担当してもらい、私は一条・伊予国人連合軍を担当。史実では長宗我部軍の完勝だったようだが、一条軍も本隊は凡庸ながら、伊予国人部隊は優秀で、長宗我部軍は一気に渡川を押し渡って攻めきらないといけない。
181209a.jpg
チットは全武将1枚で、第1ターンの一条側のみ3個中1個しか活性化に使えない。長宗我部軍はチットの順番と移動しづらい大河に悩まされながらも徐々に河を渡ってくる。陽動部隊として離れた位置にいる伊予国人を一条本隊近くに戻したかったが、強ZOCシステムと指揮範囲制限のために逃げ出せない。結局、本隊側と伊予国人側でバラバラに戦うことになった。
しかし長宗我部軍も戦力の集中が徹底されなかったので限られた時間の中で成果を挙げられず、徐々に損害が嵩んでいく。
181209b.jpg
5ターン目ぐらいで普通の勝ち筋的には長宗我部軍が勝利条件を達成するのは厳しくなったが、王さまが最後までの展開を見てみたいと言ったのでそのまま続行。3部隊とも潰滅せずに一条軍勝利。
181209c.jpg
ルール自体はシンプルかつ長宗我部有利との設定でこの合戦を選んだのだが、自分も忘れていたけど後詰めの運用とかややテクニカルな部分もあり、久々の対人戦としては荷が重かったかもしれない。ある程度肝になるポイントではヒントは出したけど、1から10までベターなムーブを教えてもつまらないしね。

他に2卓(ワイナリーの四季とアルティプラーノ)が走っていたのだが、途中で来場された方もいたので、手空きの人に我々も混じり4人でScorpio Freighter。スターウォーズチックな設定でプレイヤーは叛乱勢力側に物資を供給する貨物船の船長とのこと。直接戦ったりは無いけど政府側の臨検で積荷を没収される。
設定はピック&デリバリーのイメージだけど、宇宙船が移動するマップのようなものはなく、それぞれ装備系、積荷系、配達系の行動を表すロンデルが3つある(コマを設定の範囲で進めてアクションを選ぶ円形トラック)。宇宙船とクルーを強化し、積荷を積んで、それを運ぶ。政府の干渉があり、3つのロンデルのどれかひとつでリミットを超えるとゲームは終わる。
言語依存はあるが、英語が読める前提ならアイコン表示とテキストを適度に使い分けしているので、アイコンオンリーよりは良いかな。
181209d.jpg
今回は王さまのタイムリミットになったところで途中終了したが、全員が慣れた人同士なら中断したぐらいの時間でサクサク終われそうな雰囲気。
私は見た目で選んだクルーが倉庫を増やしたい星人だったのでひたすら船倉の拡張に明け暮れていた。
181209e.jpg

ちょうど高速道路を乗り換えるポイントだというので長田駅の側でおろしてもらい解散。王さまは伊丹空港からひとっ飛びの筈だったのですが、後から聞いた話によると予定の便が機体トラブルで飛ばなくなり、結局JRで帰宅されたそうです。お疲れ様でした。

王さまとまともにゲームをしたのは今回ちゃんと調べられてないんだけど10年じゃきかないぶりだね。距離があるのでなかなか難しいけどまた拳が交えられたら嬉しいな。
タグ:元親記
posted by AMI at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
おお・・・
作った本人ですらその存在を忘れかけていた作品を
プレイして頂き本当に有難うございましたw
Posted by にしき at 2018年12月17日 00:34
こちらこそ、長宗我部モノのゲームはなかなかないので重宝しました
Posted by AMI at 2018年12月17日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185178745

この記事へのトラックバック