# # # #

2019年01月21日

和泉歴史ゲーム研究会 2019年1月20日

参加者:14名
プレイされたゲーム:ドイツ戦車軍団ハリコフ(エポック/国通)、ドゥブノ戦車戦(国通)、Combat Commander: Pacific (GMT)、マグナストーム、天下統一:長久手の戦い(Hexasim/国通、2戦)、Star Wars: Rebellion、Miś Wojtek、Table Battles (Hollandspiele)、Panzer Waffe -Western Front-(国通) 他

他の参加者のツイート
  • わむさん:@
  • かう゛ーるさん:@
  • N黒さん:@ABC

    私は麦さんとCombat Commander: Pacificを対戦。コンバットコマンダーシリーズの太平洋版だが、微妙にルールが違う。麦さんはPacificは初めてで、日本軍を希望されたので、ユニット数がそんなに多くない1945年2月の硫黄島の戦いの一局面を描くシナリオH "DOG PLUS EIGHT"を選択。私がアメリカ軍を担当。
    190120a.jpg
    米軍は煙幕をふんだんに炊いて日本軍が立てこもる高地ににじり寄る。ただ、今回終始回復カードの引きが悪くて常に回復不足に苦しめられたため、煙幕に過度に頼りすぎてBAR装備海兵分隊を中心とする自慢の火力があまり発揮できなかった。日本軍の応射が少なめで順調に攻撃位置につくところまではいったのだが、手札整理のために行う攻撃でしばしばタイムを引いて自分の首をしめていく攻撃側敗北の流れ。最初のサドンデス判定はパスして、あと一押しできればというところまではいったのだが、2回目のサドンデス判定でゲーム終了、敗北。
    190120e.jpg

    長久手の戦いはコマンドマガジン付録。元はフランス製の「Tenkatoitsu」という3in1のボックスゲームのひとつ。厳密には長久手の戦いだけではなく、岩崎城攻囲、三好(羽柴)秀次の敗北から長久手の戦いまでを含んでいる。単純な合戦ゲームではなく、作戦戦術級的な雰囲気だろうか。
    190120f.jpg

    ちょうどCC:Pが終わったところで、さこやんさんと隊長さんの対戦が打ち切りになっていたので、さこやんさんに教えてもらって、麦さんと私が対戦した。

    チット引きシステムと部隊単位の命令システムの組み合わせで、両軍が交互に1部隊づつ活性化する「移動」、「回復」、「独断専行」と、各軍が戦闘を行う「徳川戦闘」、「池田戦闘」の5枚は陣営とその時点で受けている命令の種類に応じて活性化する。その他に毎ターンランダムに決まる命令ポイントを消費して、部隊単位の命令チットを買うことが出来る。
    流れで麦さんが徳川軍(織田信雄軍を含む)、私が豊臣方の池田軍(実際には羽柴軍のうちこの方面に展開していた森長可、堀秀政、三好秀次らとの混成部隊)を担当。
    最初のチットが独断専行で奇襲を受けつつあった長谷川秀一が先んじて活性化、徳川軍の先陣に逆襲を掛け、これを潰走させる。これで秀次軍は一息つく。
    190120f2.jpg
    一方、岩崎城を守っていた徳川方の丹羽軍は城を捨てて逃亡。池田恒興は先陣切って前線に向かうが、続行を指示した息子の池田元助と輝政の二人が全く動かない(ずっと隊形変換のチェックに成功できず行軍できなかった)。
    最初は煩雑に思えた戦闘処理も数回やればなんとなく感じは掴めてきた。2d6×2軸の判定なので、ブレが割と大きくたまに極端な目がでると劇的な結果が起こる。秀次があっさり戦死したり、一時は家康を半包囲した池田恒興が、家康渾身の一撃で逆に包囲されてしまったり、というあたりで時間切れで打ち切った。ターン数的には半分も消化できていないが、プレイヤーがお互い自軍の将来に悲観的な評価だった。
    190120g.jpg
    190120h.jpg
    私はわりと好きな雰囲気。ルール読んで取っ付き難い印象も少なくなさそうだけど、ぜひ一度動かしてみて欲しい。

    今回もプレイした2ゲームとも手番の移動が早くて他の卓の様子はあまり見ていられなかった。他の参加者のみなさんのツイートをリンクしておいたのでそちらで見てください。
    190120d.jpg
    190120c.jpg

    昼食は今回も駅前でパンを買って行った。
    190120b.jpg

    「いだてん」を観るためにまっすぐ帰宅。
    タグ:CC:P 天下統一
  • posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/185415801

    この記事へのトラックバック