# # # #

2019年06月30日

和泉歴史ゲーム研究会 2019年6月23日

参加者:8名(+顔出し1名)
プレイされたゲーム:幸村外伝エピソード0(GJ、3戦)、官渡戦役(国通、2戦)、独ソ電撃戦(エポック/JWC、2戦)、Quatre Bras 1815: Last Eagles (Hexasim)、東京Resistance(堀場工房、同人)、Panzer Waffe -North African Campaign- (レキシモン)他

二ヶ月ぶりの和泉遠征。

幸村外伝 Episode 0」は、「幸村外伝(ツクダ/GJ)」の前日に起こった八尾若江の戦いと道明寺の戦いを同じシステムで再現する会戦級ゲーム。戦闘後前進が任意選択になる等若干のルール修整が入っている。朝から2つの戦いを連続してプレイされていた。
190623f.jpg
190623g.jpg

独ソ電撃戦」はエポック・ワールドウォーゲームシリーズの一作目として出版されたバルバロッサ作戦における中央軍集団の最初の一週間の戦いを描いたゲームで、JWC版では北方軍集団戦区が追加され、個別のゲームとしても、連結ゲームとしてもプレイできる。フルマップ2枚だが、元々初心者向けのゲームなので二人でも負担なくプレイできる模様。連結ゲームが朝から始まって午後の割と早い時間に終わっていた。
190623h.jpg
また、幸村〜を終えたお二人が北方のみでプレイされてこれも最後まで完遂されていた。
190623i.jpg
ナチュラルな作戦級ゲームなので自分ではプレイしないだろうけど、こういう拡張企画自体は大好きです。

私はたえさんと「官渡戦役」をプレイ。珍しく新作として買ったが、直接プレイするのは4月の和泉以来。
1戦目は私が曹操を担当したことがなかったので曹操を希望して担当。
190623a.jpg
第2ターンに顔良が単独で曹操領土の奥深くまで進出してきたので退路を断って攻撃するが出目が悪く取り逃がす。これにカードを注ぎ込んだため最初の一周で郭嘉を買い損ねる。
中盤、袁紹が曹操の移動を迎撃してきて痛み分けになる。済陰、陳留と支配を広げられて曹操軍も士気が下がるようになり、局面を打開するため袁紹の横を通り抜けて背後に出ようとしたが、再び迎撃されて曹操本隊が大打撃を受けたため投了。
190623b.jpg

陣営を入れ替えて2戦目。曹操軍はケン城に張繡を入れてきて済陰からの揺さぶりができなくなったのでまっすぐ袁紹を前進させる。とはいえ、ダイス勝負では自信がないので、高櫓を買う。曹操軍は空き地を作っても的確に支配マーカーを埋めてきたので2の作戦値を活用できる局面が少なく、使いみちのない外交をイベントで打っていたら孫策が参戦したが結局一度も動かなかった。
第4ターンに曹操が先に手札を使い切ったので、4ターンの最後の1枚と5ターンの最初の1枚のダブルムーブで2回曹操の本拠地の許を攻撃して落城させ勝利。
190623c.jpg

2回とも袁紹が勝った。正面対決を避けて側面を脅かすべきなのだろうけど、具体的な形がまだ見えいていない。

官渡終了後、すでに2戦終えられた麦さんに幸村外伝 Episode 0をお借りしてプレイ。
ランダムで、たえさんが関東方、私が大坂方を指揮。
190623d.jpg
大坂方は4つの部隊のうち最前線にいる後藤隊しか活性化しない状態で始まる。後詰が来るまで後藤又兵衛がどれだけ粘れるかが肝だが、関東方は快速の仙台藩騎馬隊をあえて即時投入せずに兵の少ない後藤の側面から進出させ半包囲の態勢にされる。強ZOCなので一度接敵されるとなかなか態勢も立て直せず、又兵衛本人も包囲されるも第一波の攻撃は跳ね返した(士気7あるので大半の戦闘結果は無効化できる)というあたりで時間切れ終了。ダイス次第の面はあるものの形成としては大坂方が不利な状態だったと思う。
190623e.jpg

フルマップサイズの会戦に適したシステムなのでユニットが少ないと戦闘結果のばらつきの影響が大きすぎるのではないかと危惧したものの、戦闘後前進が任意になったことでその点は緩和されている。その分、元ゲームの持ち味の部隊が勝手に突進していくダイナミックな乱戦になることはなくなってしまっているが、ハーフサイズのゲームでバランスを取るためにはやむを得ないか。

その他プレイされていたゲーム
190623j.jpg

190623k.jpg

190623l.jpg

昼食は今回も事前にパン購入。
いだてん視聴のため直帰。
posted by AMI at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186190129

この記事へのトラックバック