# # # #

2019年07月10日

例会報告 2019年7月7日

参加者:4名+顔出し1名
プレイされたゲーム:官渡戦役(コマンドマガジン)、三国志群雄列伝(同人、2戦)、ローマ帝国2200年の興亡 Stage 9 四頭制の崩壊、Stage 10 古代ローマの終焉(名工大シミュレーションゲーム友の会、同人)、うぉーげーむかたろーぐ

オデッセイ師が朝から参加できるということで西大寺駅で待ち合わせて9時から会場入り。直接対決は初めてとなる「官渡戦役」を対戦。オデッセイ師が袁紹を希望したので、私が曹操を担当。
曹操の前進を選んだので済陰から侵攻され、程cが戦死。第4ターンに補給線遮断を狙って曹操が黄河の逆渡河を狙うが失敗。第5ターンに袁紹の支配領土が3州になり拮抗状態に。じりじり我慢比べになるが、第8ターンに陳留を荒らしていた文醜の退路を断った状態で攻撃するチャンスがあったのでこれを全滅させるが戦死させられず、逆に袁紹が残していた強行軍で支配領土を3州まで減らされて曹操軍の士気が崩壊した。1時間強。
190707a.jpg
まだ曹操軍の作戦が確立されておらず、無駄な行動が多かったように思える。

プレイ終了後の感想戦中にみねさんが来たので3人で「三国志群雄列伝」。3人だったので4人用拡張は入れずに軍団拡張のみでプレイ。
プレイ順
92みねさん陶謙/周瑜韓遂/荀ケ劉表/献帝呂布
86AMI馬騰孫策/馬超公孫瓚袁紹
101オデッセイ劉備劉焉袁術曹操

190707b.jpg

お昼時、総統閣下が来てみねさんとカレーへ。私とオデッセイ師は茶店でサンドイッチ。

13時前にタケタケさんも来たので「ローマ帝国2200年の興亡」キャンペーンを再開。
ステージ9は外敵を退けて四人の皇帝が内戦を始める。カードドラフトで戦力を整え、トーナメント形式でチャンピオンを決める。キャンペーンVPの劣っているプレイヤーから順番に皇帝を選ぶ。
西の覇者を決める第一会戦はみねさんのコンスタンティヌス(最初に選択)対私のマクセンティウス(最後に残った)。部隊数が17対12で、我軍が8部隊まで死ねる(9部隊除去で敗北)のに対し、みねさんが6部隊しかライフがないのでわずかにチャンスがあるかと思ったが史実の覇者であるコンスタンティヌスの攻防にわたる修正値は伊達じゃなかった。ライフ6の半分しか削れず大敗。
190707c.jpg
第二会戦はタケタケさんのマクシミヌス・ダイア(2番に選択、士気5)対オデッセイ師のリキニウス(3番に選択、士気7)。豊富な指揮官を擁するタケタケさんが優勢かと思われたがオデッセイ師が粘り腰を見せ両者相打ち。決勝戦を待たずにみねさんのコンスタンティヌスが勝利。これでみねさんがオデッセイ師とならんでキャンペーン2位に上ってきた。
190707d.jpg
なお、このステージはキャンペーンVPが明記されていなかったので、事前協議で1回戦勝利10VP、決勝戦勝利20VP加算とした。
ドラフトシステムだが選択する機会が合計8回、1/4で最終手番になるので実際に選択できるのは6回で自在な編成が組みにくい。それでも選択したカードが見えているので「締める」べきなのかもしれないけど。あと弱い部隊は死にやすいので結構相打ちが起こるんじゃないかな。コンセプト自体は悪くないと思うが。

最終ステージ10「古代ローマの終焉」はシリーズが完結していれば終盤へなだれ込む前の箸休め的なステージになると思われる現代からローマ時代を振り返ってその歴史を著作として発表するという抽象的なゲーム。デザイナーいわく変形7並べ。ルールを説明した上で、先手番が有利そうだったので得点が低い順でプレイしたが先手をとったのは目端の利くオデッセイ師。といっても後半になると知識量の蓄積が増大していくのでそこまで大きな差にならなかった。むしろ、カード引きの良し悪しが強く影響した感じ。
190707e.jpg
結果的には私が勝ったがトップが20点で、4位で15点なので、キャンペーンの最終ゲームでなければ、まあこんなもんかなというところ。

キャンペーン合計は私が1位、オデッセイ師が2位、みねさんが3位、タケタケさんが4位となった(詳細は下の表参照)。私が所有者で半分以上のゲームは初プレイだったとはいえルールの理解度で上回っていたのもあると思うが、序盤にリードして攻撃口実ありでボコボコ殴られていた割には頑張ったんじゃないかなw

キャンペーンVP
派閥12 345677+8910合計
AMI10-23251120102980020206
オデッセイ0249100146178019197
みねさん0222290040733018196
タケタケ0611990152193015179

「うぉーげーむかたろーぐ」はTOROのツイートで知ったゲームのウォーゲームカタログ版プレイお試しプレイ。ゲーム自体は子供会向けにいいかなと思ったけどウォーゲームカタログは使えないのでテストを兼ねて投入。タケタケさんと私が7点、オデッセイ師とみねさんが6点と接戦で終わった。
昔のカタログを使ったので、意外とお互いの過去の戦歴の知らない部分が露呈した。
内輪でやるならそのグループで現行でプレイしているゲームでカタログを作ったりするのがいいかなと思った。メンツにあわせたカタログ選びが重要。
190707f.jpg

まだ16時を少し回ったところで短めの2人用ゲームをやれるかなと思ったのだが、みねさんが早めに店じまいしたいということだったので、三国志群雄列伝を4人でやって〆。4人なのでフル拡張入りで。
プレイ順
89みねさん劉焉曹操孫策公孫度
92AMI何進劉備呂布董卓
80オデッセイ韓遂張魯張繡/孔明袁紹
97タケタケ張角劉表陶謙袁術


190707g.jpg

私は飲み会に行く三人と別れて帰宅。
posted by AMI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186247247

この記事へのトラックバック