# # # #

2019年08月04日

例会報告 2019年8月4日

参加者:4名
プレイされたゲーム:Carthage: The First Punic War (GMT、ソロ)、日露戦争(エポック/国通)、Demonlord (Dwarfstar)、アイアンデブリシステム (Bonsai、2戦)

今回は早くから来れる人が居なかったが、先日亡くなられたリチャード・バーグ氏追悼で「Carthage」を持ち込んでソロプレイ。久しぶりなので、本命の「第一次ポエニ戦争」ではなく、ローマがシチリアに乗り込んでくる前のカルタゴとシラクサの戦いがテーマの「アガトクレス」シナリオを選択。ルールを確認しながらゆっくり進める。
190804a.jpg
190804b.jpg
第1ターンはアガトクレスがパノルムス手前のテルマエに進軍しただけで継続に失敗して終了。カルタゴは元老院が消極的で、シキリアに駐屯している第二軍は戦力が劣弱なので何もできない。
第2ターン、カルタゴ元老院は警戒態勢になり、歩兵25戦力、騎兵10戦力という有力な第三軍を編成してシキリアに送る。アガトクレスはテルマエを降伏させて、パノルムスを囲む。
第3ターン、カルタゴの主導権がバルカ一門に移る。中に籠もるカルタゴ第三軍の出番がないままパノルムスは裏切りで陥落。

タケタケさんとみねさんが来たので昼食へ。第三のカレー屋さんへ。薬膳カレーということで、食べられないってほどじゃないが自分的に味付けが好みじゃなかった。他の人には高評価の模様。

オデッセイ師の来場予告時間まで中途半端だったので私はソロプレイを続けて第4ターン、主導権はバルカ一門のままだが元老院は慎重姿勢になり、壊滅した軍勢は再建されない。アガトクレスはリリバエウムを攻める足がかりとしてセジェスタを降伏させるが、ここで足止め。第5ターン、マゴ一門が主導権を取り戻し、攻勢態勢になったところで面子が揃ったので打ち切った。
今回はソロプレイだったので相手との駆け引き的なところはなかったが、Ancient Worldシステムの魅力の一端には触れることが出来た。ヘックスマップ上(重要!)で古代の軍勢が進軍していくところがたまらない。

卓分けして、オデッセイ師とみねさんは「日露戦争」の往復戦。ロシア軍、日本軍でオデッセイ師が連続勝利。
190804l.jpg
190804m.jpg

私は持ち込んだゲームからタケタケさんに選んでもらってファンタジー戦略級「デーモンロード」をプレイ。タケタケさんがデーモン、私がホサール同盟(人間)。
190804c.jpg
先手のホサールは初期配置の軍勢を適当に二分して両翼から侵攻。南方の城をめぐる攻防は攻囲戦を覚悟していたが、デーモン軍は野戦を選択。両軍の消耗戦になったが勝利して城を占領。
北方では古代種族と同盟したところ、デーモン側はリュングの空中騎士団と同盟したので、リュング城を攻める。兵力差が多いのでリュング軍は籠城。強襲してみるがさすがに損害のほうが大きい。デーモン軍は快速騎兵と飛行部隊のみで救援にかけつけここでも野戦になる。ホサール軍は残り1ユニットまで減らされるが(指揮官込)モラル6のユニットは踏みとどまって逆にデーモン軍を壊滅させる。主力の過半数が溶けたデーモン軍が投了。
190804d.jpg
190804e.jpg
190804f.jpg
召喚のルールが一部間違っていたのでデーモン軍が少し不利になっていました。申し訳ありません。

その後、宇宙戦艦ヤマト(旧作)の戦術級艦隊戦ゲーム「アイアンデブリシステム」をプレイ。タケタケさんは初プレイなので、お約束の冥王星会戦から。地球防衛軍のミサイルが炸裂する場面もあったももの、全体的にチットの流れがよくガミラス軍の勝利。
190804g.jpg

続けてシナリオ10 全滅!ヒペリオン艦隊。前回地球軍が早々にやられたのでその旨伝えたが大丈夫とのことだったので、タケタケさんが地球防衛軍、私が白色彗星帝国軍を担当。
白色彗星帝国は大戦艦の突破は行き足の関係上難しいので、脆弱で雷装(ミサイル)もない駆逐艦のみを脱出させる方針で行く。序盤は射程の差から地球軍の先制射撃で大戦艦が損傷。
190804h.jpg
第2ターンに射程が長くてやっかいな巡洋艦を先に仕留めるが、第3ターンに逆襲を受け大戦艦1隻が撃沈され、続いて別の1隻もほぼ浮いているだけの状態にされ厳しい戦いになるが、距離が徐々に詰まってきたことでこちらの攻撃も地球軍戦艦を傷つけ始める。
190804i.jpg
第4ターンにそれまで無傷だった方の地球軍主力戦艦の艦橋に被弾するというラッキーヒットが出て、行動不能なった隙にもう1隻の戦艦に肉薄して撃沈。多少の損傷はあるものの、接近できれば数の暴力が効く。
190804j.jpg
地球軍も駆逐艦の雷撃などで反撃し、終盤、最後の彗星帝国チットが出なければ勝機は十分だったものの、終了判定がパスできず最後の白色彗星のチットで地球軍戦艦を沈めてゲームセット。チット式のゲームなのでチットの流れ次第の面があるのだが今回は名勝負になった。
190804k.jpg

終盤までもつれ込んでいた日露戦争の終了を少し待って閉会。私は夕食会に向かう3人と別れて直帰。
posted by AMI at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186394803

この記事へのトラックバック