# # # #

2019年09月02日

例会報告 2019年9月1日

参加者:4名
プレイされたゲーム:大阪環状線スピード(同人)、日露戦争(エポック/国通)、アイアンデブリシステム(Bonsai、3戦)

11時頃に到着。みねさんが先に来ていた。小会議室は椅子だけがある部屋なのでテーブルを倉庫から出す。

お昼まで時間が微妙だったので、大阪環状線スピードを一回やって引き分け。残りの時間は"Kingdom of Heaven"のカウンター切り。先週も書いたとおり、短時間ゲームは課題だが、自分はあまり積極的に埋めるつもりはない。

オデッセイ師が来たので昼食。始めていく個人経営の中華屋さんで私は皿うどんを食す。値段も手頃で好評であった。

午後からタケタケさんも来たので2卓に分けて対戦。オデッセイ師とみねさんは先月に引き続き日露戦争の往復戦。オデッセイ師がロシア軍、日本軍で連勝していた。
190901b.jpg
190901i.jpg

タケタケさんと私は宇宙戦艦ヤマトの戦術級「アイアンデブリシステム」で対戦。
1戦目はシナリオ12「宿命の対決」。白色彗星との決戦に向かうヤマトをデスラー率いるガミラス艦隊が迎撃する。お互いに相手の旗艦を破壊すれば勝利。ランダムでタケタケさんが地球防衛軍(ヤマト)、私がガミラス軍。
ガミラス軍はヤマトの艦載機が怖かったのでこれを警戒しつつ急降下爆撃機のみを瞬間物質移送器で奇襲させ、ヤマトに2wの損害を与えたものの間合いが遠かったために修理されて有効打にならなかった。そして、対空警戒していたはずが移動中の一瞬の隙きを突かれてデスラー艦がメガヘックスに単艦になったタイミングでコスモタイガー隊が突っ込んできてミサイルを乱射。大破したデスラー艦は直後のヤマトの攻撃で期間停止、E0になったのでシナリオルール上は引き分け。
190901a.jpg

2戦目はシナリオ4「奇襲!太陽系外周艦隊」。改装前のヤマトが水雷戦隊を率いて帰ってきたところを奇襲される。ランダムでタケタケさんが地球防衛軍(ヤマト)、私が白色彗星帝国軍。
190901c.jpg
軽空母以外は積極的に新入させて交戦を試みるものの、近くに出しすぎたようでいきなり先手を取られて損害を受ける始末。ヤマトの艦橋に命中する幸運があって一時的に行動不能状態に落としているものの、続く2ラウンドの砲撃で合計4発命中するものの全部スカという体たらく。

190901d.jpg
最終的にヤマトに5W3P、波動砲使用不可、艦載機発着不可とあと一歩まで追い込んだものの、結果的には地球軍を1隻も沈めることができず、15対2で大敗。

190901e.jpg

3戦目はシナリオ11「土星決戦」。アンドロメダを旗艦とする地球防衛軍主力艦隊(ヤマト率いる空母艦隊は増援で登場)とバルゼー艦隊との決戦である。地球防衛軍が13隻+援軍4隻、白色彗星帝国軍が16隻という大規模戦だが、接近すると破壊力も大きくなり意外とサクサクプレイできた。
ランダムだが、やはりタケタケさんが地球防衛軍(ヤマト)、私が白色彗星帝国軍。
190901f.jpg

序盤の流れは白色彗星帝国にあり、第一ターンにいきなり火炎直撃方で主力戦艦1隻が轟沈。しかし、アンドロメダに命中した一発はその堅固な装甲に跳ね返された。メダルーザを除く白色彗星主力艦隊は地球軍より劣る射程を補うために全速前進。距離が詰まった第二ターン、地球艦体の前衛にいる巡洋艦と駆逐艦が大戦艦の射程に入り次々と撃沈されていく。しかし、大戦艦もアンドロメダを筆頭とする地球軍戦艦の砲撃で次々に撃沈あるいは行動不能に陥る。
190901g.jpg
激しい消耗戦が続き、地球防衛軍は第4ターンには主砲の半数が機能しなくなったいアンドロメダと無傷の主力戦艦1隻のみという状況に陥るがここからタケタケさんが驚異の粘り腰を発揮。チットの流れも地球軍有利になり、残っていた彗星帝国艦隊も大半が撃破され、頼みのメダルーザも第7ターンに沈められた。第8ターンにヤマト率いる空母艦隊が来援したところで彗星帝国軍にまともに戦える戦艦がほぼなかったので残余は一掃されたこととして打ち切った。

190901h.jpg
地球軍の残余はアンドロメダ、ヤマト、主力戦艦1、空母3で彗星に対する攻撃ダイスは15個。平均出目4が要求されるやや厳しい状態で、要求ヒット60に対して地球軍のヒットは52で彗星彗星帝国戦略的勝利。
ゲーム上は白色彗星帝国が勝ったが今回の地球防衛軍の戦いは素晴らしかった。私が地球軍ならもっと早く心が折れていた。今回お互い初めてだったので戦術的にはまずかった部分もあったが、地球軍は最初に波動砲を使えばもう少しうまくやれそうという結論になった。

同じぐらいのタイミングで日露も終わったのでお片付け。什器の出し入れでどうかなと思ったけど他の方にも好感触だったので一番いい交流室が取れないときはこの部屋も使っていきたい。
飲み会に向かい諸氏と別れて私は直帰。
posted by AMI at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186507259

この記事へのトラックバック