# # # #

2019年11月03日

例会報告 2019年11月3日

参加者:5名(ゲスト1名、見学1名)
プレイされたゲーム:モンスターメーカー5 ソフィア聖騎士団(2戦)、Race for the Galaxy + New World、モンスターメーカー7 大預言、カタンの開拓者、咲カードゲーム、もっとホイップを、カルカソンヌ、ドラゴンラン、群雄割拠

9時半を少し回って会場到着。オデッセイ親子が先着していたので、まずは3人で「ソフィア聖騎士団」。Jrが7つすべてを集めてパーフェクトな勝利。

続いて「Race for the Galaxy(+ New World)」。私は分岐ステーションで開始したが、手札に香辛料惑星があったのでこれを軸にカードを増やして嗜好品のVP変換を回して勝利。分岐ステーションの固有能力は使う機会がなかった。
AMI 45、オデッセイ 30、Jr 23

続いて「MM7 大預言」。私は人の預言書で英雄を作るパターンが多く怨嗟の声を浴びつつ光の英雄としてミリエーヌとシェフィールド、悪の英雄としてネフェルーダの3人を送り込んだ。オデッセイ師はルフィーアとラクーナ、ガンダルフとカサンドラで、いずれも光の英雄2人づつ。
191103a.jpg
ネフェルーダは唯一の悪の英雄として活躍してくれたが、光の六英雄の集中攻撃に永久に耐えられるはずはなく、最後はJrのガンダルフ、オデッセイ師のルフィーア、私のミリエーヌが残り、誰が最後の一撃を入れるかのダイス勝負になってオデッセイ師が勝利。
191103b.jpg
今回はわりと拮抗した勝負になったものの、攻撃の成功率が低く冗長な決戦になった。完全体の英雄が複数できるとあっさり手番の早い人が勝つので難しいところなのだが。

ここで昼食。今回も昼食のみ参加の総統閣下とみねさんはゴーゴーカレーへ。オデッセイ親子と私は新しく出来た居酒屋のランチ営業で私はとんかつ定食。

戻ったらタケタケさんも来着していたが、オデッセイ師は食べ過ぎで休憩するというので4人で「カタン」。序盤、最初に盗賊を出したのはタケタケさん。序盤なので特に戦争口実もなくみねさんに当てるがこれにみねさんが過度に反発して自らヘイトを集めるみねさん戦法が炸裂。7がわりと出てJrもこれに混じって不毛な盗賊応酬が始まる。
191103c.jpg
私は鉱石偏重のスタートにしたので、他の3人が不毛な争いをシているにも関わらず、序盤に都市2個にしてから大いに伸び悩み、1手番で都市を2個作る荒業で猛追してきたタケタケさんに差し切られた。
タケタケ 10、AMI 9、みねさん・Jr 5
みねさんのプレイは悪いお手本。

みねさん抜け4人で「咲カードゲーム」。TSSの風間さんがホームページで公開されている作品。ちょうどabemaTVでアニメ1期の再放送をしているのを見たので独自デザインでコンポーネントを制作。選手を選抜して県予選の団体戦決勝を争うドラフト+ダイスゲーム。私は井上の流れを読むでオデッセイ師に一泡吹かせたものの、自分のダイスが悪く、タコス、のどっち、咲と主人公チームから3人を揃えたタケタケさんの勝利。
191103d.jpg
タケタケ +16、Jr -2、AMI -6、オデッセイ -8
もう結構前のアニメなのでタケタケさんと咲の話はしたことがなかったのだが好きな作品だったようでこれは作っていってよかった。

みねさんが復帰したので5人で「もっとホイップを」。順番が重要なので席順を決め直したのだが、私は前にオデッセイ師、後ろにタケタケさんという一番厳しい席。オデッセイ師の給仕のときには一番手の選択だったのにどれをとっても美味しそうじゃなかった…。タケタケさんの給仕のときには彼が必要なタイルが1枚だけだったので4番手の私も巻き添えで1枚にされた…。オデッセイ師が余裕の勝利。
191103e.jpg
オデッセイ 29、みねさん 25、Jr 22、タケタケ 21、AMI 18

「カルカソンヌ」を5人で。私は発展中の都市を独り占めしようとして失敗。戻ってこないワーカーが多くなって手詰まりのまま失速。タケタケさんが勝利。
タケタケ 71、Jr 68、オデッセイ 58、みねさん 49、AMI 44

「スプレンダー(宝石のきらめき)」を私抜きの4人で。私はKingdom of Heaven の二次校正(といいつつ半分うとうとしていた)。ゲームはオデッセイ師(16)をかわしてみねさんが勝利(17)、以下、Jr(12)、タケタケ(11)。展開は見ていないのでわからないがよいみねさんだったのだろう。

オデッセイ師抜け、「ドラゴンラン」を4人で。冒険者の当たり外れが大きいので順番を決めて好きなキャラを選ぶことにした。選択順にみねさんが聖職者、タケタケさん魔法使い、私エルフ(斥候)、Jrドワーフ(戦士)
ヒーラーがいるので気楽に前進できる。みねさんは自分で炎を浴びることが多く修理費用がかさんだ上、最後はかわしきれずに死亡。エルフは安い安心が買えるだけであとはカード運。魔法使いにいたっては前番がどれだけポーションを出してくれるか次第。能動的に稼ぎやすい戦士が順当に勝った。
Jr 24、AMI 18、タケタケ 4、みねさん 0(死亡)

同じ4人で「群雄割拠」。Jrが初めてなので、基本ゲーム3ターン戦。群雄割拠バリエーションの中でも戦国日本が一番プレイしやすいかなと思ったのだが、日本地図をみてもピンとこなかった模様でいまいち乗り切れなかった。織田信長が発展させた東海地方を綺麗に乗っ取った北条のみねさんが大差をつけて勝利。
プレイ順
92AMI織田伊達大内
111みねさん北条朝倉長宗我部
76Jr大友三好関東公方
95タケタケ島津今川武田
(入札なしだが30点スタート)

同じ4人で「ソフィア聖騎士団」2回め。私は中盤で悪の軍団をすり潰して地下牢に溜まっていた聖騎士救出に賭ける。光の戦士がなかなか引けずにひやひやしたが、聖騎士5人を一挙に救出してJrの闇の女王軍団を掃討。みねさんとタケタケさんが宝石1個づつの2位分けで甘んじてくれたので、ブラックドラゴン単騎でのJrの最後の突撃を退けて5個持ちで勝利。
191103f.jpg

ゲームはここまで。全員で先月と同じ居酒屋へ。今回はみねさんとJrがいたのでいろいろなメニューを適量食べられた。
西大寺までオデッセイ親子と同行して解散。
タグ:群雄割拠
posted by AMI at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186767526

この記事へのトラックバック