# # # #

2020年04月21日

三国戦記(Formosa Force Games/国際通信社)

「三国戦記 Records of Three Kingdoms」はコマンドマガジン日本版152号付録の戦略級三国志ゲーム。元は台湾のゲーム雑誌「戦棋」7号の付録で、同8号のボーナスシナリオも合わせて収録されている。

ベースシステムは「太平記」とその流れを汲む「英仏百年戦争」。主導権を決めて交互に行動する枠組みは同じだが、各手番の行動として移動と戦闘の他に中立勢力の同盟化、敵武将の調略、合戦に必要な兵糧の備蓄等を行える。また、太平記と異なり、一回の移動毎に戦闘を解決する。

軍を率いる将軍は、武力が高く主将として戦闘を指揮するのに向いている武将(知力は1固定)と、知力が高く計謀チットで戦闘を有利にすすめることができる智将(武力は1固定)に分かれる。

他に4つの特殊兵科を持つ武将がおり移動や戦闘にボーナスがつく。
カバーする期間が長いので群雄割拠時代のおなじみの武将・軍師に加えて、他のゲームで見かけない三国時代後半の武将が含まれているのが目立つ。

シナリオは群雄割拠時代の2人向けシナリオと、三国時代の3人向けシナリオの2つがメインでいずれも6ターンの長さ。他に2/4人向けの董卓の乱と2人向けの華北統一の2つのショートシナリオが含まれる。三国時代のシナリオは魏のプレイヤーは曹丕でゲームを開始するが、途中で魏を乗っ取る司馬一族に交代して普を建国することになる。世知辛い。

対戦プレイがやりづらいご時世ですが、太平記システムなのでソロプレイにも向いています。
posted by AMI at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187406565

この記事へのトラックバック