# # # #

2020年07月05日

例会報告 2020年7月5日

参加者:3名+顔出し1名
プレイされたゲーム:三国戦記(Formosa Force Games/コマンドマガジン)

オデッセイ師が参加を辞退して3人になり、ツイッターのタイムラインでサンタ・クルス・デ・テネリフェの上陸作戦のゲームが話題になっていたので、その前段のサン・ヴィセンテ岬沖の海戦がシナリオに含まれる「Flying Colors」を準備した。

午前中から来る士気の高い人がいなかったので、昼前に到着。家では全部広げられなかったので並べてみる。
200705a.jpg
配置上ではイギリス艦隊がスペイン艦隊を分断しているものの、互いに風向きが間切方向で、特に英軍は敵主力側を向くためには上手回しチャレンジをするか(たぶん史実の機動)、分断した敵後尾を処理しながらゆっくり下手回しにするかを選ばないといけない。戦力的にも風向き的にも一挙にスペイン主力を葬るのは難しいので切り離した後尾集団を処理した方がルールには適っているのか?
200705b.jpg
一方のスペイン艦隊は指揮官が2人しかおらず、しかも1人は後尾集団にいるので、巨大な前方集団を一人で指揮しなければならない。そうなるとフォーメーションコマンドしか使えないので結構めんどくさそう。

総統閣下とみねさんが来場したので昼食へ。みねさんが来た時点で昼を回っていたので、ゴーゴーカレーが混んでいたら嫌だと思い、最初から袂を分かってインドカレーの店へ。

会場に戻るとタケタケさんから電車の事故の余波で遅れるとの連絡があったが、今日はみねさんと二人で何かする準備もしてなかったし、みねさんも手ぶらだったので、Flying Colorsのルールをおさらいしつつ待つ。

タケタケさんが来場したので持参したゲームを挙げたところ、三国戦記がいいということだったので、後半戦キャンペーンを3人で。タケタケさんが魏を引き受けてくれたのでみねさんに選択権を与えたが、ランダムでみねさんが呉、私が蜀になった。

過去2回の戦訓を鑑み、行動回数は(全員)ダイスの最低値「+1」、魏はそのターンの最初の行動と最後の行動以外はダブルアクション(ただし、同時解決で同じ武将は2回行動できない)、徴兵は支配エリアが連続していればそのグループ内ではエリアにこだわらず配置できる、というルールで試してみた。

序盤から魏・呉の国境紛争が熱い。蜀は武都に出るものの支配に失敗。武都は結局最後まで支配ができず(薄いとはいえ蜀色なんだが…)祟られた。
第7ターン(シナリオの第1ターン)、蜀と呉はそれなりだったが、魏がいきなり6人昇天。しかし、タケタケさんはここから呉に圧迫されながらもそれなりに持ちこたえる。
蜀は孔明を8ターンに失う(一回ぐらい計略を引きたかった)が、魏延が長安(京兆郡)進撃に成功。しかし、蜀の軍師連中が軒並み昇天して無念の撤退。その後、姜維と諸葛瞻で再び長安進撃に成功するも諸葛瞻も若くして陣没して撤退を余儀なくされる。
10ターンを終えたところで7時ぐらい。いつもなら切り上げタイムなのでお伺いをたてたところ、ふたりとも続けるとのことだったので、11ターンへ。勝利得点では終始呉がリードしていたが、武将の死に具合で一発逆転が起こりかねないのがこのゲームの楽しい(怖い)ところ。
200705c.jpg
司馬兄弟は蜀を伺う形勢を見せるものの、陸抗・諸葛恪コンビの呉が豫州を圧迫していて思い切った侵攻ができない。呉に水を開けられていた蜀は洛陽を狙うのはあきらめて姜維を成都の防備に回し、劉禅直率で荊州から交州を攻め、さらに江夏で孤立していた魏の廃帝を討ち取ることに成功する。これに対して呉は主力を南進させて蜀軍を各個撃破、一応首都から離れない方がいいとアドバイスをしたのだが陸抗ははるか交州まで南下して兵糧を食い尽くしてしまう。
これを見た晋軍(11ターンから魏から政変)は一挙に建業まで進出するが手番数の関係で支配を剥がしたところで最終ターンへ。
各国とも武将数が寂しくなったが晋は建業に要る主力二人が健在で洛陽が落ちる心配はない。司馬炎自ら建業に乗り込んでいって支配判定に成功すれば晋の勝利、支配できなければ、こつこつ領土を蚕食して勝利点を伸ばしていた蜀の勝利というところまで持ち込むが司馬炎が支配判定に成功して晋の勝利で終わった。
200705d.jpg
初プレイなので仕方がないけど呉は勝利条件を満たしているのに無駄な行動がやや多かった印象。11ターンに陸抗を対晋戦線の硬めに使っていれば建業を守りきれる目はあったかも?
展開としては初期の大絶滅を経験した割に魏/晋は健闘していたとは思う。史実の国力比を鑑みると、魏にもう少し下駄を履かせた方がいいのかもしれないけど、呉と蜀にまったく勝ち目が見えないとゲーム的にはどうかと思うので難しいところ。

得点経過
魏/晋1530465768
1119294046
614233442


昼のカレーがまだ残っていていつもなら帰宅コースだったのだが、タケタケさんが勝利の祝杯をあげたいというので鳥貴族にご相伴することに。みねさんに進められるまま食べすぎて苦しくなってしまったが楽しかったのでよしとしよう。

おつかれさまでした。
posted by AMI at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187670600

この記事へのトラックバック