# # # #

2020年07月06日

三国戦記:三国鼎立シナリオバランス調整案

バランスについては検証中なのであくまで私案段階だけど、太平記シリーズの猛者をして魏がしんどいといわしめてるので下駄を履かせる案を思考中です。
もし、素のルールでもこういうやり方をすれば魏も勝てるというのがあれば知りたいです。

3.2.6(変更)
徴兵した兵力や死亡した将軍が残した兵力は、自分の支配マーカーで連続するエリアの間であれば、エリアを移動させて配属させることができる。支配エリアが分断されている場合は分断されているグループ内だけで配属できる。支配していないエリアの残兵はそのエリアにいる将軍のみ配属できる。
このルールを使う場合、非常な手間になるので均等に割り当てる条項は削除し、任意の将軍に兵力を与えることができる。

コメント: 兵が集まりすぎるなら、徴兵できるのは将軍がいるエリアのみに限定した方がいいかも。また、死亡した将軍が残した部隊はその

9.2 追加選択ルール
全体の行動数: 各勢力の行動数は、3人のサイコロの目の一番低い出目に+1した数(2〜7)となる。これに加えて、魏/晋は1回の追加行動を得る。

コメント: 単純に3個振った最低値では行動数が少なすぎるのではないかと思い設定した。全体の行動数が少ない方が魏にはいいのかもしれないけど

魏の予備行動: 毎ターン、魏はそのターンの最初の行動と最後の行動を除き、行動の機会が来る毎に追加でもう一回行動を行える(例:あるターンの魏の行動が4回なら、魏の手番が来る毎に1-2-2-1と行動する)。この行動は本来の行動と同時に行われるものとみなし、敵でも味方でも一人の将軍はどちらか1つの行動にしか関与できない。戦闘は両方の行動による移動の終了後に行う。同じ行動機会の屯田で得た兵糧は同時に行う分進・合撃の戦闘では消費できない。

コメント: こちらは基本的に2対1の状況になる魏/晋が呉と蜀に同時に攻められて対応しきれないことから設定した。予備行動できる回数については健闘の余地有り)

タグ:三国戦記
posted by AMI at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァリアント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187670888

この記事へのトラックバック