# # # #

2020年10月04日

例会報告 2020年10月4日

参加者:7名(ゲスト3名)
プレイされたゲーム:一年戦争(TDF、同人)、Tiny Forming Mars (Web公開)、Battlefield Auerstadt 1806 (同人GJ)、謙信上洛(ツクダ/GJ)、Colonist

朝一からオデッセイ師と一年戦争キャンペーンゲームの続き。
保存してあった盤面を再現して、11月上旬と下旬をプレイ。ジオン軍が手堅く護っていたので不毛な追いかけっこはせずに兵力を蓄積するとともにルナツーにモビルスーツを大量に打上げて前線に展開させた。VPは21のままだったかな。勝利条件的にはかなり厳しいとは思うが1回ぐらい降伏判定を振らせたい。
201004a.jpg

当初の予定では午後からタケタケさんを交えて3人でゲームという話だったが、オデッセイ師がすぐ帰るというので、タケタケさんと二人でカレーを食べた後、「インペリウム」をプレイ。言わずとしれた戦略級SFウォーゲームの傑作。老成期に入った銀河帝国の辺境属州と、成長著しい新興国の地球連邦の全滅対決を何回も戦争を繰り返すことで再現するゲーム。タケタケさんが地球連邦を希望されたので、私が帝国を担当。
201004b.jpg
私はネットで事前に見ていた情報を元にかなり引き気味の配置でスタート。一度は地球軍のプロキオン基地を降下兵の突撃で撃破したものの、すぐに奪還され、争点はアジッダとシリウスが多かった。
201004c.jpg
帝国がソルやアルファ・ケンタウリを上空封鎖する形勢にならなかったこともあり、地球軍は序盤には空母を、中盤からは打撃巡や重巡を配備するお大尽ぶり。一報帝国は虎の子の重巡がスクラップにされないようにホテルにならないように適度に使い潰し、大型艦には軽巡の集中射撃で対応していた。
201004d.jpg
帝国本土は辺境の騒乱にかまっている余裕がなかったのか終盤まで静かだったが、第6ターンに帝国がアジッダ降下を強行して2個師団が着陸、地上戦で最精鋭の6戦力の師団が撃破される悲劇があって延長線となったものの、7ターンに皇帝の注目が出ていたところでアジッダが陥落して帝国勝利。
201004e.jpg
途中みねさんが何度か覗きに来ていたが、プレイヤーのやっていることに口出ししてきた観戦マナーがよくなかった。

タケタケさんが久しぶり、私もルールの復習が不十分だったので思いの外時間がかかり、最初の戦争が終わったところで水を向けてみたがタケタケさんが継続プレイを希望されなかったので、ここで打ち切りにしてサブでもってきてミニゲームを数回プレイ。

まずは"Tiny Forming Mars"。前回選ばれなかったマップで、先手となったタケタケさんは資源のない水(予定地)3ヘックスに隣接する荒野に初期都市を、私は宇宙(ロケット)資源のあるヘックスに置いてスタート。
201004f.jpg
私は早々に2コ目の都市を建てる権利を得たので、タケタケさんを真似て水に隣接する荒野に都市を建てる。その後、私はロケットを捨てて森林に移転するもこれはあまりよくなかった。立地的にタケタケさんが森林をたくさん植えていくとマズイ情勢だったのだが、タケタケさんも都市を移転して私があけた宇宙資源のヘックスへ入る。結果的にはこれが裏目に出て、水や植物を多く独占した私が勝利。12対10。
201004g.jpg

続いて、Battlefield Auerstadt 1806を、前回とは入れ替えてタケタケさんフランス、私プロイセンでプレイ。
201004h.jpg
しかし、カード補充能力が低いプロイセンを私は上手く操れない。
201004i.jpg
201004j.jpg
前線方AIとアドバンテージ負けで連敗した後、3戦目で町と丘を占めることができなんとか一勝できた。
201004k.jpg

提督と小野さんは「謙信上洛」をプレイされていた。天正6年(1578)に上杉謙信が病死せず、信長包囲網に加わったという仮想設定の日本史戦役旧。ツクダホビー末期のゲームでGJから再販されているが今回はツクダ版でプレイされていた。世評では織田方有利で特に毛利が仕事しないという話を散見するが、雑賀衆、丹波衆と合流した毛利勢が京まで進出していた。その後、仕切り直してもう一度プレイされていた模様。小野さんは少し早めに帰宅された。
201004m.jpg

みねさんとCTDAさんは昼前から終日コロニストというユーロ系のヘビーゲームをプレイしていた。全部で4世代あるうちの3世代しか終わらなかったとのことだが、他の卓が終了していて、まだ終わりが見えていなかったので打ち切られた。
201004l.jpg

コロニストのお片付け中に雑談会が始まり8時前まで会場に居て、私は食事会には参加せずに帰還。
お疲れさまでした。
posted by AMI at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187996849

この記事へのトラックバック