# # # #

2008年10月05日

2008年10月例会報告

参加者:10名(ゲスト7名)
プレイされたゲーム:一年戦争(TDF)、Race for the Galaxy (Rio Grande)、Here I Stand (GMT, 3戦)、関東制圧(謙信越山)

一年戦争は朝一からはるぜひさんと私でプレイしました。シナリオははるぜひさんの希望でTV版。陣営はなし崩しでwはるぜひさんジオン軍、私が連邦軍。
0810a.jpg
(セットアップ時の様子)

シャアがサイド7に接近してこなかったので、連邦軍がV作戦を成功させたことは秘密のまあ、ホワイトベースは地上には降ろさず、輸送でサイド6に送ってサイド2、サイド5を牽制します。
地上では放棄されたジブラルタルを占領し、北京の偽ガンダムチームはニューホンコンを解放しますが、ニューギニアに向かったコーウェン中将の空中艦隊は陸ザクの抵抗で苦戦していました。

9月後半、ジオン軍はオデッサの要塞を強化すると共にマ・クベ隊を派遣してウラルを占領します。宇宙では互いに主力艦隊が合同し睨み合いが続きます。
ジオン軍が急速に撤収したため、東南アジアは丸ごと連邦の手に帰しました。ブルネイ、シンガポール、ヒューストン、キャリフォルニアなどが陥落し、ジオン軍のVPが19まで下回ったのでここで連邦軍勝利で終了しました。
勝利得点の確認の仕方に誤解があったとのことで仕方がないところでしょう。
今回も残念ながらGMの量産はできませんでした。このゲームはもう少し追求したいところです。

その後、関東制圧の謙信越山をはるぜひさん北条方、私上杉方でプレイ。元のルールのままでは小田原城を包囲する条件を満たすのが不可能に近いので、包囲ヘックスのうち3箇所を包囲側がしめていれば包囲の条件は満たせるものとしてやってみました。

序盤、謙信の急速な南下に逃げ切れず北条氏邦が捕捉されます。謙信は直接手を下さずに南下をつづけるという失策をしたため、氏邦は山に上って抵抗し、最終的に佐竹、長野軍まで投入せざるを得ない体たらくでしたが、なんとか討ち取ることに成功します。
上杉方の関東武将は主力の機動力のある武将は南下させ、その他は下野、常陸の城を包囲させます。
新ルールと取り違えて、同盟軍の城にも退去できることを忘れていたので宇都宮軍に降伏勧告して退去させてしまう等のミスもあり、攻城戦はあまり順調ではありませんでした。
また、謙信は小田原前面で氏康と殴り合いをして時間を浪費していました。そうこうするうちに雪がとけてしまい、武田軍が上野方面に転戦してきたので、33ユニットと不満はありましたが、関東管領就任式を挙行。あとは小田原城を包囲するだけだったのですが、ここで驚愕の事実が判明。上杉軍と関東武将の行動ステージが違うために、包囲にはいることができません。やむを得ず里見軍を解体して謙信に編成しますが、北条氏康の攻撃がとても痛く、武田軍に連絡線を遮断された状態で部隊を再建して包囲を完成させるのが不可能そうだったので投了しました。
今回もイゼルローン要塞ならぬ小田原城は武力では包囲できないことを証明してしました・・・無念
0810c.jpg
(終了時の小田原付近)

さて、我々が対戦ゲームをやっている横ですが、朝一、集合町の時間にRace for the Gakaxyがプレーされていました。銀河帝国建設のカードゲームです。私も合宿でプレイしましたが、ウォーゲーム以外でこれほど好感触を受けたゲームも久々という好ゲームです。

その後、Here I Standが諸般の事情で一部のプレイヤーが兼任で両方に参加する形で2卓立っていました。
展開は詳しく見てないのでよくわかりませんが、一方の卓はみねさんが教皇でこっそり25VP達成して勝利していたようです。ただし、その後、ゲームを続けるために、ちょっとだけ巻き戻してVPを減らされていた模様。
0810b.jpg
(前後、二卓ともHere I Stand。これだけでも十分珍しいと思いますが・・・)

さて、関東制圧も早々と終わった我々ですが、Here I Standを三卓建てるという酔狂のためにC3iマガジン19号に掲載された二人プレイヤーヴァリアントを開始しました。これは同号付属の外交カードで現実サイドの戦争を加味しつつ、新教とカトリックの争いに主眼をおいたヴァリアントです。
お互いにカードの巡りが悪く、私などは条件を満たさないまま毎ターンシュマルカルデン同盟を引いていました。一応、活版印刷は自力で引けたのですが、攻勢は低調で選帝侯領は3個しか裏返せていませんでした。
他の卓が片づけに入っていたので早めに切り上げたのですが、続けていても得点差で負けていたでしょう。
元ゲームの充実度とは比べるべくもないですが、宗教関連のルールを習得したいときは、時間がないけどHISしたい時にはいいのではないかと思います。
0810d.jpg
(大変わかりにくいと思いますが、檄レアと思われるHere I Stand三卓同時プレイの図。手前が二人プレイ、奥がそれぞれ6人プレイ卓です。)

夜ごはんはカプリチョーザでした。過去の例会で溜めていたポイントを解放したので檄安でしたw
posted by AMI at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
未確定ですが、とりあえずタイタン?
Posted by AMI at 2008年09月09日 00:03
タイタン(AH)挙行の方向で準備中です。
他のゲームをしたいという場合はできるだけ事前にお問い合わせください。
Posted by AMI at 2008年10月01日 00:03
タイタンは諸般の事情により中止です
Posted by AMI at 2008年10月04日 04:45
>勝利得点の確認の仕方に誤解があったと
すいません、勝利ポイントの確認欄を勘違いしていました。
>小田原城は武力では包囲できないことを証明してしました・・・無念
このシナリオは、面白いのですが上杉の勝利条件が現状では厳しいですね。ただ、小田原包囲に成功すれば、圧勝になります。小田原包囲にぬるくするならば、この点も考慮する必要があると思います。まぁ上杉氏は好き放題に暴れることができるのですから...
Posted by はるぜひ at 2008年10月07日 20:51
小田原の包囲が成立しやすく調整するなら、勝利点で北条方に下駄を履かせてやればいいのではないでしょうか?
小田原が包囲されるか、否かで勝敗が決まるよりは、小田原は包囲される前提で勝利点で決まる方が歴史的には私の好みです。
Posted by AMI at 2008年10月09日 02:41
>小田原が包囲されるか、否かで勝敗が決まるよ
>りは、小田原は包囲される前提で勝利点で決ま
>る方が歴史的には私の好みです。

私も同感です。
就任式は、減点のみにしたらどうでしょうか?。
 包囲する武将の数と就任式に参加する武将の数で微妙にバランスがとれる気がします。
Posted by はるぜひ at 2008年10月09日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19058473

この記事へのトラックバック