# # # #

2007年01月14日

2007年1月14日例会報告

参加者:3名

プレイしたゲーム:アップフロント、日露戦争、太陽系絶対防衛戦

今日は諸事情で到着が遅くなり12時頃になってしまいました(謝)。先に来ていたのはみねさん一人。とりあえず昼食にいつものカレー。

昼食後、軽くアップフロントから開始。シナリオはランダムに決めて、みね米軍が、AMI独軍の守るトーチカを攻略することに。1山目、アメリカ軍はもりもり前進してはやくも距離チット3ぐらいまで進む。米兵2人ほど死亡。てか、軍曹が死んでますが・・・
2山目。カードをためながらじわじわと前進を続けるアメリカ軍。ドイツ軍はバリバリ撃ち続けるが、次々に回復され効果的な結果がでない。その後、山も尽き、突撃班は距離チット5まで接近したところで目前に地雷原。吹き飛ぶ火炎放射兵! 一番モラルの高い爆弾勇士が放射器を拾う(火がついたらヤバそうだが・・・)。この急所でドイツ軍火力支援班の兵士2人がピン状態になり、回復不能に・・・。こいつらが元気なら火を噴く高火力カードが3枚も手札にあったんですが、結局回復カードが最後まで来ず、火炎放射器ワンマンステージでアメリカ軍が勝ちました。
終盤、I氏が他に用事がありながら年賀の挨拶に来てくれた。律儀なお方です。

その後、みねさんのリクエストで日露戦争に。私が日本軍でみねさんがロシア軍。鴨緑江会戦DR発進はいいとして、第2ターンからウラジオ艦隊が猛威を振るい3ターン連続で日本の商船隊を撃滅。合計6輸送ポイントもの被害を被りました。その影響か、南山強襲も失敗し、初手から28サンチ砲に頼る始末。
中盤山地方面では7-6師団を含むスタックの撃滅に成功するも山地の突破はできず・・・満州方面も停滞気味であった。憎きウラジオ艦隊は凍結前の最後の出撃で捕捉撃滅に成功するも、回航目的で出撃した旅順艦隊に損害を与えられ、海軍は結局負債の方が多かった。
10ターンにロシア軍の反撃が成功したこともあって、投了を申し入れたのだが、みねさんからまだ勝機はあるのではないかと言われ続けることに。11ターンに旅順本営に対しEX2を出すも最終ターンにかろうじて攻略に成功。遼陽も騎兵旅団の強行突破で司令部をかろうじて後退させ、得点上はかろうじて日本軍が勝利した。
日本軍苦戦の原因は海軍の損失を別にすれば、山地方面での攻撃が一貫性を欠いたこと、南山の第二次攻撃を要塞砲の到着まで延期したことと要塞砲の転用が早すぎて旅順攻略が最後までもつれてしまったこと、遼陽に不用意に近づきすぎて援軍の展開を自在にしてしまったことあたりであろうか。

最後に、時間がすこしあったので、太陽系絶対防衛戦につきあってもらいました。みねさんが選んだのはやはり怪獣。序盤怪獣の攻撃本能ルールもあり仕方ない面もあったのですが、攻撃が散発的に分散してしまい、バスターマシンの耐久が多めに削れたものの、その結果としてヱクセリヲンにダメージが通らず仕舞いでした。後半、攻撃の要領を掴んでヱクセリヲンの耐久を削り始めますが、序盤の出遅れが響いたようで、ヱクセリヲンは満身創痍になりながらも爆縮に成功しました。

夕食はひさかたぶりに肉に行きました。合掌。
posted by AMI at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2012194

この記事へのトラックバック