# # # #

2008年11月09日

2008年11月例会報告

参加者:4名
プレイされたゲーム:超帝伝説、カルドセプトDS、九州三国志沖田畷、太平記(2回)、日露戦争、激闘マンシュタイン軍集団、ガンダム・アリス、すごろくWW1

超帝伝説は朝一番にはるぜひさんとプレイしました。
私は最初からレベルをあげて、ちゃん様か瑞希を狙ったのですが、事故が多く、手堅く南さんを抑えたはるぜひさんが勝ちました。

まだ誰も来なかったので、カルドセプトDSをはるぜひさんにインスト。こういうときは1台で対戦できないのがネックですね。プレイ中に、M次氏、みねさんが到着したので、とりあえず昼食にして、その後2−2に分かれました。

みねさんとはるぜひさんは激闘マンシュタイン軍集団をプレイしていました。みねさんの赤軍が「教育されていた」ようです。

私はM次氏と沖田畷をプレイ。ランダム引きでM次氏が島津、私が龍造寺を担当。島津軍は島津義弘を島原半島に送り込んで有馬の潰滅を引き延ばす作戦に来ます。義弘の打撃力はすさまじく龍造寺軍は1ユニットを除去される損害を出しますが、政家隊の強襲が好調だったこともあり、島津義弘が撤収したあと、あっさりと日野江城を落とすことができました。その間に島津軍は肥後で二城を抜いた後、佐賀城の上に乗ってきます。龍造寺軍も島津軍の背後を断ち、お互いに連絡線を遮断しますが、部隊数の多い龍造寺軍も順調に士気回復に成功して島津軍の目算が外れました。
島津軍が佐賀城に乗ったまま合戦という形成になりましたが、龍造寺軍もほぼ全軍を動員しており、島津方に勝ち目がないと思われたのでここで終了としました。

その後、太平記をプレイ。一回目はランダム引きで公家方を担当し、常時主導権を握り続けて順当に勝利。二回目はM次氏の希望で陣営を入れ替えて武家方を担当。主導権は半々だったのですが、寝返り、討ち取りのダイスが非常に悪く、特に高師泰の戦死が痛くて1年ほどで投了しました。

続けて、日露戦争をプレイしたような、しないような、ランダム引きでロシア軍になったのですが、2ターン目にウラジオストック艦隊が潰滅させられたのに怒って、旅順艦隊も出撃させたら2ターン作戦不能となってしまい投了しました。

少しして激マン組も終わったので、みねさんのリクエストで試作したガンダム版アリスの披露プレイ。元はトランプゲーム「オーサー」を元にした不思議の国のアリスのカードゲームで、その昔、ときメモ版なんかもつくったりしましたが、それのガンダム版です。特に勝敗を競うゲームではないですが、一応私が勝ちました。

最後に、はるぜひさんのインストですごろくWW1ことファランクスの「ファースト・ワールド・ウォー」をプレイしました。デザイナーがテッド・レイサーと聞くと本格的なウォーゲームを想像しますが、ドイツゲームっぽいつくりのマルチゲームです。
4人プレイで、陣営同士の争いと、陣営内での争いのジレンマを楽しむゲームでしょうか? 戦線は結構動くのであまりWW1っぽい感じはしませんでした。
元々お手軽なゲームなのですが、2回やって2回とも第1ターンで決着が付いたので、本当にサクサク終わりました。
アイデア的には面白い気はするのですが、ちょっとゴテゴテしすぎかな。
posted by AMI at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
我参加霜月例会
Posted by はるぜひ at 2008年11月05日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20669595

この記事へのトラックバック