# # # #

2008年10月10日

〈エポック〉関ヶ原 私的FAQ

以下はエポック社のワールドウォーゲーム(5)に対するAMIの疑問点と個人的な回答です。
サンセットゲームズ版は根幹部分でルールが変更されているらしく、ゲームとしての互換性がなさそうなので対象としていません。


4-2(4)
疑問:寝返る可能性のある大名を抹殺するために、武将以外を守備隊にして、大名だけの軍を編成できるか?
解釈:初期配置されている場合と、その大名家の指揮官を含む軍として籠城する場合を除き、城の守備隊となれるのはひとつの大名家について1部隊のみを提案します。
根拠:非現実的な運用を回避するため

4-2(4)d
疑問:上杉家の軍がひとつの場合、直江兼続を指揮官とできるか?
解釈:軍がひとつの場合は上杉景勝が指揮をとるべき
根拠:景勝が当主であるため

10-14(3)
疑問:軍指揮官やその他の武将を優先的に戦死させられるか?
解釈:ユニットが除去される場合、一般の部隊→指揮をとっていない武将→軍の指揮官の順に除去する制限を提案する。
根拠:非現実的な運用を回避するため

13-1(2)b
疑問:嵐の際に、大河川、渡河点にいる軍・部隊に精鋭部隊がいない場合、損害は生じないのか?
解釈:損耗判定で精鋭部隊が裏になる以上の損害が生じる可能性があるなら消耗判定は行う。ただし、精鋭部隊は必ず裏になり、それによって損耗の要件は満たすことができる。
根拠:現実的な運用

19 情報カード「上田で足止め」
疑問:後続の部隊が上田に来た場合も足止めされるのか?
解釈:カードが有効な間、後からやってきた軍、部隊も足止めされる。
根拠:九鬼水軍のカードにはそのように明記してある。カード効果としては同型なので、同じ適用とする。

19 情報カード「毛利輝元の出陣」
疑問:増田長盛内応の噂を防ぐために出陣可能ターン以前に使用できるか?
解釈:実際に出陣可能なターンになるまでは使用できない。
根拠:内応の噂が出陣中止に影響したことを反映するため。

19 情報カード「上杉の出陣/上杉・佐竹の出陣」
疑問:伊達、最上の出陣で帰国した部隊や最初の出陣で登場しなかった佐竹軍を出陣させるために二枚目を使用できるか?
解釈:このグループのカードは1枚しか使用できない。
根拠:再出撃可能と明記されていないので、複数使用できない方が現実的と思われる

19 情報カード「黒田如水の侵寇」
疑問:取り除く毛利三は大坂城在城の部隊からでも可能?
解釈:可能
根拠:大坂城在城の部隊は移動できないだけで最初からゲームに登場している。

20-1
疑問:毛利輝元が編成する場合でも毛利秀元を再編成できないのか?
解釈:ルールにはないが、毛利輝元(のみ)は吉川広家軍を再編成することができるものとする。
根拠:毛利輝元は(吉川氏を含む)毛利氏の当主だから

20-10(1)
疑問:豊臣秀頼出陣のカードは毛利輝元が出陣した後でも使用可能?
解釈:毛利輝元と同時でなければ使用不可
根拠:出陣の際の制約を考えれば、輝元不在の状態で出陣が決定されることはないように思われる

20-13
疑問:田辺城開城以前に小野木公郷を調略できるか?
解釈:できない
根拠:戦略的には田辺城に釘付けにされていれば十分であり、ゲーム的に調略できるとする根拠にならない

20-14(2)
疑問:大谷吉継による裏切り無効の効果は恒久的なものか? それとも再度試みられるか?
解釈:何度でも試みられる
根拠:大谷吉継の存在が抑止力であるとすれば、不在になったら効果を発揮すると考えられる。

20-14(3)
疑問:丹羽の部隊が東軍と戦った、他の西軍部隊が最初から一緒にいたらどうか?
解釈:援軍が到着した場合と同様とみなす。
根拠:援軍が来るかどうかが問題ないので最初から合流していても問題ないと考えられる

21-1(5)a
疑問:佐和山城に配置される宇多(四)は石田三成と同一の大名か?
解釈:石田三成と同一の大名とみなす。
根拠:一族である他、個別の小大名とした場合、不可思議な運用の余地が増える。(2014.2.10補足) 単独の小大名とするなら移動できるから
posted by AMI at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
こんばんは。こちらでは多分初めての書き込みです。
10-14(3)については、元のルールには「どの駒から除去しても良い」とあって、一体、製作者はプレイヤーに何をさせたいのかと、疑問を感じたことを記憶しています。
4-2(4)
1大名1城ごとにしても良いかもしれません。
城の守備隊となれるのはひとつの大名家について『城ごとに』1部隊のみを提案します。

多分妥当なディベロップだと思います。

随分前にルールを読んで少し動かしてみたくらいなので記憶違いがあるかもしれません。
Posted by 松澤 at 2009年02月04日 01:07
松澤さん、コメントありがとうございます
このゲームが出版された頃はまだこの世界にも理想というものがあったのでしょう。初期のレックのルールブックの注意書きをみているとそんな風に思います。
Posted by AMI at 2009年02月07日 01:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20908198

この記事へのトラックバック