# # # #

2009年01月30日

バトルパック2:スターリングラード

単なる追加シナリオ集だったバトルパック1と違い、カバーするシナリオを通じて使用される特別ルールがいくつか追加されます(適用されないシナリオもあり)。

・瓦礫:防御施設と同様に建物の破壊され、瓦礫に変わる
・工場:特別な建物で内部で射撃戦可能
・市街狙撃兵:直撃しなかった場合消費型の修整マーカーになる
・破片とクレーター:道路が非機能に
・下水道:CC:Pの洞窟と同じ様な移動(前進)ができます。洞窟のように掩蔽は得られません。赤軍のみ。
・火炎瓶投射機:文字通り火炎瓶を遠くまで発射する兵器。
・市街の白兵戦:CC:Pルール準拠
・スタック超過:CC:Pルール準拠

同時期に開発されていただけあって、CC:Pの影響が色濃いですね。
建物崩壊のルールは面白そうではありますが、砲撃などの特殊攻撃じゃないと壊れないのでそうポンポンとは壊れないでしょう。このゲームが扱っているような短いスパンでは当然でしょうが。

このパックのもうひとつの注目点は、シリーズで初めてのキャンペーン「シナリオ45」が含まれるところでしょうか。ただ、戦術級ゲームのキャンペーンでありがちな、同じ部隊同士が時を変え、所を変えて戦い続ける不自然さを排除するために、このシナリオでははある1日の連続戦闘と定義されています。戦闘回数は最低5回、最大13回とそれなりに時間がかかりそうですが、一度は挑戦してみたいところです。

ところで、本質とは関係がないのですが、本作ではプレイブックが付属するにも関わらずシナリオは両面印刷のカード形式になっています。
検索性をかんがえると冊子形式の方がいいのかもしれないが、必要な1枚だけ取り出すことができるカード形式の方がどちらかというと好きです。でも、同時に出されたCC:Pの方はプレイブック内にシナリオも納められているのですよね。どういう基準で変えているのだろう。
posted by AMI at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Combat Commander
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26077367

この記事へのトラックバック