# # # #

2007年03月04日

2007年3月例会報告

参加者:3名

プレイしたゲーム:太陽系絶対防衛戦、戦国群雄伝「信長親征」

朝ついたら一番目だったので、マップを広げて鎮西軍記(仮称九州軍記改題)のシナリオ製作をする。
昼ちょっとまえにはるぜひさんが来たのでとりあえず昼食のあと、時間調整に太陽系絶対防衛戦をプレイ。もちろん、はるぜひさんが怪獣で。今回は後半かなり追いつめられ、最終ターンにはなんとヱクセリヲンの耐久力を1まで減らされました。まさに薄氷の勝利。

そのあと、みねさん交えて3人で何するか〜ということになって、ちょうどシナリオ検討用に群雄伝のセットが揃っていたので、昔GJのおまけでついていた「信長親征」を提案してみました。
これは、秀吉軍記に入っている天王山のシナリオと同じ初期配置から、本能寺の変が発生せず、羽柴軍、明智軍、そして信長様の本隊が毛利軍に襲いかかるというもの。一応、お助け設定で大友宗麟!が救援に来ることになってます。
Nobu1.jpg
(開始直後のマップ全域)

担当はランダムで私が毛利、はるぜひさんが明智隊、みねさんが羽柴隊に決定。
戦闘結果表を検討した結果、明智軍の野戦攻撃はとても痛いことが判明したので(後で考えるとユニット損失が直接敗因にならないのと、明智軍の回復力が低いので山陰で迎撃する策もありかもしれません)、全軍を山陽道に集中して羽柴軍を迎え撃つことに決定。羽柴軍は秀吉、秀長の極悪兄弟タッグで強襲を繰り返し、瞬く間に備中を席巻しますが、こちらも小早川、吉川の主力二隊に大友軍の増援も加え、まず猿掛城、次いでこれと交換する形で松山城の奪還に成功。
この間に明智軍は着々と山陰方面の平定を進めていきました。
他の城の奪還は難しそうだったので猿掛城に圧力をかけて敵主力を誘引しつつ松山城を堅守することとし、1万の兵力を込めます。その頃には伯耆平定の目処をつけた明智軍も南下してきました。
残り一ヶ月で松山城が落ちるかどうかというところで時間切れ終了となりました。秀吉本隊の火力は凄まじいので落城する確率がかなり高いと思われますが。

織田側を二分していて完全に統一した行動ができていなかったこともあると思いますが、最初に想像していたよりは抵抗でき、わりと楽しめたと思います。

Nobu2.jpg
(終盤の画像。全軍集結しての備中西部の攻防戦)
posted by AMI at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
「太陽系絶対防衛戦」では、また怪獣側をやらせていただきました。もう一歩までエクセリオンを追い込んだが駄目でした。
「鎮西軍記」では、明智軍を担当しました。明智軍は、鳥取城に全員集合するまで先に進めないという条件があり、安土城から最短ルートを計算しての進撃となります。3人プレーで明智担当だったので、ルートを充分考えることができました。ルート検討は、途中に補給が通じない場所があり、これがやたらめんどくさい。次にプレイするならば、4ターン目第3フェイズに鳥取城増援で充分だと思います。
Posted by はるぜひ at 2007年03月08日 19:54
このシナリオは知ってましたが、プレイを聞くのは初めてです。以外ですが、いろいろなシチュエーションに対応できてるシステムですね。
明智軍は愛宕山でおみくじチェックしなければいけないので、安土から出発しないと・・・。
Posted by ながわ at 2007年03月09日 12:47
>はるぜひさん
合理的な処理としてはおっしゃる通りです。が、このシナリオの最大の売りは、本能寺の変と同じ配置から明智が裏切らなかったら・・・というところではないでしょうか? 明智軍の行動制限の方法については一考の余地はあると思いますがねw

>ながわさん
大丈夫、光秀は安土城に寄り道していかなければならない陰謀設定になってますw
Posted by AMI at 2007年03月09日 19:25
私も、このシナリオの設定の疑問点(幾ら和睦したとは言え、長年毛利と敵対し、竜造寺・島津が健在な時期の大友家が毛利を果たして援けられるのか?)が気になり、存在を無視し続けていたのですが。こうやって実際のプレイ報告を見ると結構面白そうなのですね。
戦国物のIF戦記のシミュレーションだと思えば結構楽しめそうな気配が・・・目から鱗と言うか、どうやら少々史実における権威主義に毒されていたようですw
Posted by にしき at 2007年03月09日 22:03
確かに、この時期の大友が援軍に来るのはとても大胆な処理でありますが、それを差し置いても、信長が死ななかったらという状況設定は興味深いと思います。
毛利プレイヤーのゲーム性を多少犠牲にすれば、大友の増援を無くす代わりに織田軍の勝利条件を厳しくするという方法もあるかとは思いますが。

あと、このプレイをしていたときに話がでていたのですが、中国の下に四国マップをならべて、織田の西国平定の総仕上げをやってみたいですねw
Posted by AMI at 2007年03月10日 14:41
面白いですね。
織田方に海上移送ルールを取り入れ、中国・四国間で兵力を融通するのも楽しいかも?w
或いは水軍を取り入れるのも良いかも知れませんね。
Posted by にしき at 2007年03月14日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3318733

この記事へのトラックバック