# # # #

2007年04月01日

2007年4月例会報告

参加者:4名

プレイしたゲーム:鎮西軍記(ソロプレイ)、Here I stand

午前中誰も来なかったので鎮西軍記の調整をする。
判っていたけど、筑前侵攻のシナリオは大友方は包囲ダイスと迎撃ダイスを振るだけ。ソロシナリオでもいいかもしれない。

はるぜひさん、みねさん、U野さんが来たので紆余曲折の末、Here I standをやることに。次にやるのは1年後ぐらいの予定だったのに、まさか二週連続でやるハメになるとは(爆
オスマンをはるぜひさん、ハプスブルグ=教皇連合をみねさん、イングランド=新教連合をU野さん、フランスがAMIという配役。

イングランドが早々にスコットランドを併合してしまったために、まったり海洋探険でもしてるかと思ったら、ミシシッピ河、アマゾン河を相次いで発見し、VPが20まで上がったためにまた目の敵にされるはめに。まず、フランスの希望を一身に背負って世界一周ツアーに出かけたカルティエ元帥(フランス最優秀の能力3の探検家)が、イングランドの輸出した若返りの泉の噂に惑わされて溺死。しかし、軍事的に立ち向かってきたのはイングランドでもハプスブルグでもなく教皇軍! ミラノが占領されると楽しいヴェルサイユ宮殿改築※ができなくなるので、ホームカードを使って親征し教皇軍を追い払うはめに。結局3ターン終了して20点のまま。

二児誕生と後宮生活を満喫していたU野陛下のイングランドが同率2位。

ハプスブルグはオスマンに難癖を付けられてウィーンに攻め込まれたものの、しっかり撃退。

オスマンは陸軍に力を入れていましたがウィーン守備隊の守りは堅く一敗地にまみれていました。

※歴史的にはこの時代のフランス王宮はヴェルサイユ宮ではありません。念のため
posted by AMI at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3478250

この記事へのトラックバック