# # # #

2007年04月07日

二〇〇七春季演習 接触篇

4月7日、朝まだき、山科泊地を出撃したはるぜひ提督操る戦艦越中は一路東・・・ではなく、南へ。私が重要な通行手形を忘れるという間抜けなことをしたため、奈良経由で名阪国道から東下、途中、ミソカツ丼の朝食を取りつつ、午前7時過ぎ、名古屋にして錦大帝さんと合流。

その後は順調に東名高速を進撃し、雲に巻かれた富士山など眺めつつ一路東京へ。上野へ到着して旅館提携の駐車場に車を入れ、はるぜひさんは聖地神宮球場へ、錦さんと私は京浜急行に乗って戦艦三笠を訪問すべく横須賀へ。

天気晴朗とまでは行きませんが、前回の荒天には比べるまでもない天候で、艦の内外を機嫌良く撮影。露天艦橋で指揮を取った東郷提督以下の剛胆に感心しきり。多少改装もほどこされたようで艦内の展示は一部前回訪問時とは変わってました。

前回訪問時に海軍カレーを食した喫茶店で今回は黒船シチューを堪能。バスでJR横須賀駅へ移動し、眼前の横須賀軍港に停泊する自衛艦隊、米海軍の艦艇を撮影の後、JRで鎌倉へ。

050407a.jpg

駅前を出て、観光客向けらしき店の並ぶ小路に入ると、歩くのも困難なほどの結構な人出でした。それら人波を掻き分けて、上杉謙信の関東管領就任式で有名な鶴岡八幡宮を参詣。鶴岡八幡宮歴史画集という絵はがきに謙信公拝賀の図があったのでさかさず購入。巫女さんの袴があでやかでした。
050407b.jpg
070407d.jpg
夕闇迫る八幡宮を後にして、源頼朝の墓へ。こちらの方は観光コースから外れるのか、それとも時間帯のせいか人は少な目。さらに山道をのぼって毛利氏、島津氏のご先祖の墓へ。薄暗くなってきたこともあり、正直不気味だったです。

070407c.jpg
駅へ戻る途中ではるぜひさんからスワローズ頽勢のため神宮を後にしたとの連絡あり、横浜関内で合流することに。道中、紫イモソフトなどを食しつつ、再びJRに乗って横浜中華街へ。昨冬もいった刀削麺の店。私は米が食したかったので中華丼にしました。店を出ると雨足が本格的になってきたので買い食いもそこそこに駅へ向かい、宿へ。

今回は和室の三人部屋だったので、入浴の後、談笑しつつそのまま就寝モードへ

後編へつづく
posted by AMI at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東都遠征軍記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3716663

この記事へのトラックバック