# # # #

2010年05月20日

ガムジャード量産計画

S-1製の上半身と、地球製の両足という強引な合体のバルディオスも惹かれるものがあるんですが、それ以上に気になるのがバルディオスのコピー版ともいうべき世界連盟製の巨大ロボ・ガムジャード(ネットの海でもメンコの画像ぐらしいか出てこないよ。バルディオスが客演したスパロボZにも出演していないのが残念)。

本来、主人公達の属するブルーフィクサー隊(BFS)は世界連盟の下部組織のはずなんですが、バルディオスのメインパイロットが異星人のマリンということもあってか、あまり関係がうまくいってないようで、いつまでもBFSに頼らなくてもいいようにと建造したのがガムジャードらしい。

スペック的にはバルディオスに優るとも劣らない高性能機らしいのですが、BFSの月影長官曰く、乗りこなせるパイロットがいないとか。

まあ、バルディオスもマリンじゃないと亜空間戦闘はできないとされているだけに、パイロットが重要なのはわかるけど……地球規模の防衛組織で乗りこなせるパイロット1人用意できないってのはどうなのさ?

それに、バルディオスの左脚を構成するキャタレンジャーは操縦を補助できるシステムを搭載していたんじゃなかったっけ? そのへんのフィードバックができないぐらい世界連盟とBFSの風通しは悪かったのでしょうか。

というわけで、敵の作戦もあって緒戦は大活躍だったガムジャードはあっさり敵空母の体当たりで破壊されるという情けない最後を遂げます。

スーパーロボットもののお約束だろうけど、この手のロボって量産されないですよね。ガムジャードも1号機が撃破されてそれでおしまいみたいです。数を揃えれば多少技量で劣っていても補えると思うんだけど……
posted by AMI at 20:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 艦長私的記録
この記事へのコメント
>ガムジャード
居たねえそんなメカw・・・ン十年振りに思い出しましたw

>量産
記憶が確かなら、「魔境伝説アクロバンチ」で主人公メカの量産型が登場していた筈(どう言った経緯で量産されたかまでは記憶にませんが・・・w)
まあ、「アクロバンチ」自体も、最終回はワケワカラン終わり方をしている点バルディオスに似てなくもありませんなw(確か劇場版「イデオン」の丸パクリみたいな終り方)
Posted by にしき at 2010年05月21日 00:08
訂正:
×記憶にません
〇記憶にありません

追記:
何となく思い出したのですが、確かガムジャードは、敵方のアルデバロンと八百長試合をしていた記憶があります(主人公を陥れるための策謀として)
Posted by にしき at 2010年05月21日 19:04
アクロバンチは余り印象に残ってないんですよねー。合体パターンが余り変態っぽくないからかなw
Posted by AMI at 2010年05月21日 20:16
月影長官も性能は認めていたようなので完全な張り子の虎とは思いたくないのですが、アルデバロン軍は意図的に負けていたようですね。
あと、空母の衝角戦にやられるっていう最後がどう考えても人気でないよねw

Posted by AMI at 2010年05月21日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38365572

この記事へのトラックバック