# # # #

2006年03月05日

3月例会報告

3月5日

参加者:6名(ゲスト1名)
プレイしたゲーム:日露戦争、V作戦 with 異物混入(2戦)、アニメーカー

ゲームマッチ戦績
日露戦争 ○みねさん(日)−●AMI(露)

朝着いたら誰もいなかったので、帝国領侵攻作戦のバランス調整を始めるが、帝国の反攻が始まる前にみねさんが来たので中断して日露を始める。ウラジオストック艦隊が2ターンで潰滅するという幸先の悪い展開。日本軍は攻撃数を極力二減らす戦術で、戦力を集中した箇所での攻撃でことごとく良目で好調の進撃。他方、ロシア軍は数回の反攻作戦がことごとく不発に終わり、山地方面から押し切られて11ターンで投了。ロシア軍的にはみるべきところなしのプレイだった。
はるぜひ氏、王さま、F岡氏と続々到着し、5人でV作戦。密かに開発した私家版の拡張カードを投入してプレイ。ガンガルの知名度が意外に低くてしょんぼり。1回目はみねさんの勝利条件を無視したプレイによって2回目の戦争でザクの量産に成功してた私が勝った。2戦目はジオン軍でガンダムの量産に成功したF岡氏が好調に点数を稼いでいたが、連邦軍向けにアッガイ量産からメッサーラへのライン切替が上手にできて逆転勝ち。はるぜひ氏はビグザムの量産に成功していたが、その機動力の低さ故多いな戦果を上げることはできなかった。しかし、その戦力を運用して勝利を希求されており、ただただ自己満足に終始したみねさんとの格の違いをみせてくれた。
アニメーカーは冬に買ってきた追加カードを適当におりまぜてプレイした。王妃さまがおさんぽに行かれていて参加されなかったのが残念。
らんま1/2とカーボーイビバップが長寿番組として人気を保っていた。ゲッターロボも3シーズンほど続いていたが、1シーズンで流竜馬が戦死、弁慶がドラゴン号に乗る展開になっていた。序盤で久川綾に結婚退職された以外は主要声優に引退者がなく、長寿番組に安定してタレントを送り込んでいた王さま事務所が圧勝していた。勝敗に限ってみれば一方的だったが、みんなが声優を大勢雇用して番組を持たせる方向でプレイしたので面白かったと思う。ただ、長期設定はやはり長いね。次回はオリジナルカードを追加してプレイしたいと思う。
posted by AMI at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/397818

この記事へのトラックバック