# # # #

2010年08月22日

TSS例会 2010年8月21日

参加者:8名+α
プレイされたゲーム:Race fot the Galaxy (Rio Grande)、銀河英雄伝説リップシュタット戦役(ツクダ)、June44/August44 (DDH)、出羽の驍勇(同人)、独眼竜政宗(ツクダ)、史上最大の作戦(エポック/サンセット)
プレイできなかったゲーム:フライングタイガース(CMJ)、燃える高野(同人)

他の参加者のレポート
  • 錦大帝の雑記帳

    本日もみねさんに乗せてもらってTSSへ。

    午後からS岩さん主宰のRace for the Galaxyに参加。
    序盤は茶色でうまく立ち上がったのだけど、その後くるのが何故か青系。しかも、アクションカード選択ミスがあって32点だったかな。軍事路線で突っ走ったHさんの圧勝だった。

    にしきさんがCMJ最新号を持参されていたので「フライングタイガース」ができれば、と思ったのですが、カウンターが抜いてなかったので断念。珍しいテーマだし、一回プレイしてみたいところ。
    若干気になったのが、ペアゲームの陸戦の方はユニットがカラーイラストなのに、「フライングタイガース」はせっかく機種別のユニットになっているのにシルエット処理だったこと。

    その後、これもにしきさんが持参された同人版戦国群雄伝「燃える高野」をプレイしようと、少なくないユニットを整理してセットアップが完了したところで必要なチャートがないことが判明して断念。

    100821a.jpg
    (燃える高野の配置。青が織田方、オレンジが高野山方)

    東北へ移動して上と同作者による「出羽の驍勇」の最上家による出羽平定シナリオ1をプレイ。にしきさんが最上軍で私が反最上方土豪。
    最上軍は主力を最上義光にすべて統合し、山形城には後の慶長五年戦役で長谷堂城を守りきった志村光安を残す。最初に目指したのは連合軍の中でももっとも強力な天童城だった。
    しかし、天童軍は兵力を強化するため城内で再編成中。代わりに城をまもっていた東根軍を痛撃するが、この間に再編成を終えた天童軍が出陣。兵力で劣っているとはいえ、10戦力で野戦修整3の天童軍は凶悪で最上義光は寒河江城に転戦。寒河江城は周囲を河で覆われた要害だが、1万を越える最上軍の猛攻を支えることはできず軍は敗走し、城も最上軍の強攻で落城する。
    この間、連合軍は兵力を抽出して最上の支城清水城を囲んでいたが、さすがに落城の目処が立たなかったので反転。
    最上義光が北上すると、天童軍が蠢動して連絡線を脅かすなど泥仕合が続いたが、最終ターン半ばで最上軍が引き分けにも持ち込めないことが明確になったのでそこで終了した。
    普段あまり使わない出羽で戦えることに価値のあるシナリオでしょうか。正直に言えば群雄伝システムでやるには戦いの規模が小さすぎると思いますが。

    100821b.jpg
    (出羽の驍勇の配置。黄色が最上、青が反最上)

    続いて、独眼竜政宗の人取橋シナリオをプレイ。私が伊達方、にしきさんが反伊達連合。政宗が親の敵と付け狙う二本松城の確保が焦点のシナリオで、群雄伝の移動システムを駆使した駆け引きが焦点。しかし、期間中ずっと天候が雪なので普段と勝手が違いプレイしにくいことこの上ないですw
    野戦能力では鬼義重直率の佐竹軍にまったく歯が立たないため、伊達軍は行動力の高さを生かした機動防御に徹します。むろん、単純に下がるだけでは後背が足りないので、伊達軍最強の火力を誇る成実隊を使って佐竹本隊以外の敵武将を脅かすように移動しますが、義重はそんなものには目もくれず二本松城目指して邁進します。
    しかし葦名軍が有効に機能しなかったこともあり、伊達軍が凌ぎきって勝利しました。ある意味ヒストリカルかもしれませんが、このシナリオ反伊達方勝てるのでしょうか?

    100821c.jpg
    (人取橋配置。紺色が伊達、赤系が反伊達の南陸奥連合諸氏)

    その後、中途半端に時間があったのでRaceをもう一度プレイ。青のVPぶんまわしが機能して珍しく勝った。45点。

    100821e.jpg
    (レース勝利時のカード)

    みねさんはHさんとツクダ銀英伝をプレイ。シナリオはむろんガイエスブルク。Hさんが手堅い兵力運用で非常に綺麗な包囲陣を形成してブラウンシュバイク公を包囲していました。

    100821d.jpg
    (包囲を締め上げるブラウンシュバイク公)

    昼食は中華。ナスの炒め物が美味かった。

    夕食はクーデターが決行されて、やわらかとんかつ「しおん」。6人でいったのですが、注文の段になって生姜焼きに手をあげて何の罠かと思いましたよw 私はロースカツとエビフライとコロッケでちょうどいい感じに満足しました。一年ぶりぐらいでしたが、やはりここは美味しいです。

    100821f.jpg
  • posted by AMI at 18:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 遠征日誌
    この記事へのコメント
    プレイしていただいたのですね。ありがとうございます。
    燃える高野…ひょっとして、私、補充表を入れるのを忘れたかもしれません。急ぎ錦大帝様に送りますので懲りずにプレイして下さい。
    出羽の驍勇ですが、シナリオ1の方は自分でもどうかなぁと思ったのですが、私の実家の話なのでつい作ってしまいました。ゲームとしては、シナリオ2の十五里原決戦の方がオススメです。
    群雄伝シリーズで能力はやたら高いが誰とも争わない小野デラーズがバリバリ活躍します。
    AMI様の新作期待しております。
    Posted by センゴク at 2010年08月24日 00:50
    お付き合い頂きどうもでした。
    飛び虎及び高野攻めはまた近い内にお願いします(「AIR」SUMMER編における憎き敵役、高野坊主共を徹底的に討ち取りとう御座りますw)
    Posted by にしき at 2010年08月25日 01:03
    レスが遅くなってしまいすみません。暑くて溶けてました_| ̄|○

    >>センゴクさん
    私も上杉スキーなのでシナリオ2も機会があればやってみますね。
    後に出た九州勢が怪獣総進撃状態なのでそっちの印象の方が強くなってますが、東北も小野寺とか相馬とか面白い武将が揃ってますよね。

    >>にしきさん
    AIRはよくわかりませんが、仏敵を滅ぼすべく呪殺の練習をしておきますw
    Posted by AMI at 2010年08月29日 12:38
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/40316704

    この記事へのトラックバック