# # # #

2010年09月02日

チャールズ・S・ロバーツ氏逝去

転載情報で恐縮ですが、さる8月20日にアバロンヒル社の創業者で、TACTICS IIなど同社の初期のゲームをデザインしたCharles S. Roberts氏が逝去されたとのことです。

私自身は国産ゲームが世に出回り始めてから市販のゲームを買うようになったので、同氏の作品はTACTICS IIぐらいしかプレイした経験がないのですが、商業ウォーゲームの基礎を築いた方として間接的には多大な恩恵を被っていることと思います。ご冥福をお祈りします。

参考:Sideway-Shuffle 【ゲーム茶話】チャールズ・S・ロバーツ逝去
http://sideway-shiffle.cocolog-nifty.com/wargamer/2010/09/s-e5e7.html

参考:BGG Charles S. Roberts
http://www.boardgamegeek.com/boardgamedesigner/666/charles-s-roberts
posted by AMI at 19:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 艦長私的記録
この記事へのコメント
Afrika Korpsて氏の作品じゃなかったでしたっけ。
結構、良い作品でした。
運のしだけど(笑)。
Posted by YEN at 2010年09月02日 22:10
アフリカ軍団はそうですね。北アフリカ戦線的には運のしは正しいのでは?w
デザインされたゲームのリストは参考リンクのBGGのページで確認できます。
Posted by AMI at 2010年09月02日 23:17
おー、結構あるのですね。
プレイしたことがあるのは、Afrika KorpsとTACTICS IIくらいだなぁ。

しかし、この方は鉄道研究家としての方が有名だったのですかね?
Posted by YEN at 2010年09月02日 23:26
アメリカでもウォーゲーマーよりは鉄の人の方が多いでしょうし、そうなんじゃないですかね?
Posted by AMI at 2010年09月02日 23:51
何時もながら・・・
逝去してしまってから
「・・・え?この人ってまだご存命だったのか??」
と、自らの不明を恥じる事が最近多いですねぇ・・・今回の件もそうなのですが・・・

何はともあれ、C.ロバーツ氏のご冥福をお祈りします。
彼がいなければ、この世界に足を踏み入れることが無かったでしょうから・・・
Posted by にしき at 2010年09月03日 23:38
ロバーツ氏は割と早い時期にアバロンヒルから手を引いているので、その後の消息まで気に掛けてないゲーマーの方が多いのではないですかね。
Posted by AMI at 2010年09月03日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40499690

この記事へのトラックバック