# # # #

2010年09月02日

[SF3D] シナリオ10 市街戦

SF3Dのシナリオ10市街戦をソロ・プレイしてみました。
シュトラール軍の立て籠もる市街地を傭兵軍が攻撃するシナリオで両軍とも続々と援軍が投入されていく流動的な戦いです。大部分のシナリオと異なり、ユニットの撃破ではなく、ヘックスの支配で勝敗を争うのがポイント。

シュトラール軍側はPKAが多いのに物資集積所がなく、1機につき2回しかパンツァーファウストを撃てないのが悩みの種。
傭兵軍は射程を生かせない市街戦と、航空兵力の劣勢が弱点か。

シュトラール軍は援軍の進入路が限られているので、それを確保するために配置。傭兵軍もこれに対応して配置したが、これは失敗だった。

100902a.jpg
(初期配置、青系がシュトラール軍、緑系が傭兵軍)

第1ターン劈頭、シュトラール軍は弾に限りがあるPKAのノイ・パンツァーファウストを惜しみなく傭兵軍に叩き込み、AFS2機、サンドストーカー2両を破壊する。シュトラール軍の損害はPKA1機のみ。
傭兵軍は増援のSAFSを前線に移動させ、ドールハウスは間接射撃位置に展開する。

100902b.jpg
(第1ターン終了時、増援第一陣が到着)

第2ターン、シュトラール軍に待望の重ホバー戦車ナッツロッカーが登場するが、充電が充分ではなかったのか2両が初弾を発射しただけでレーザーのエネルギー切れ、最後の1両は反撃で破壊されてしまうという体たらく。しかし、市街戦に突入した傭兵軍のSAFSも奮わず4機が防御射撃で破壊される。

100902c.jpg
(第2ターン終了時、街区での死闘が始まる)

第3ターン、傭兵軍に航空隊の援護が到着、地上部隊も奮戦して一方的にPKA5機を撃破する。

100902d.jpg
(1309街区に浸透していく傭兵軍)

第4ターン、シュトラール軍にも航空隊が到着。傭兵軍航空隊も善戦したが最終的に投入された機体が2倍以上となり、第6ターンに傭兵軍航空隊は全滅。4〜5ターンの損害比率が10:3と不利を強いられてきた地上部隊も息を吹き返す。
シュトラール軍PKAの多くはPFを撃ちつくし、少数のGustav以外は素手で傭兵軍と渡り合っていたが、遮蔽物の多い市街戦ではSAFSのレーザー砲もなかなか戦果を挙げることができず、地上戦が膠着状態となる中でシュトラール航空隊のPK40がわずかづつながら戦果を重ねていく。

100902e.jpg
(終盤、傭兵軍はドールハウス隊も土地確保のために前進させる)

終盤はほとんど膠着状態のまま、最終ターンに面を支配しようとして移動した部隊が防御射撃でいくつか撃破されたが、シュトラール軍9ヘックスに対し、傭兵軍は12ヘックスを確保して勝利した。

100902f.jpg
(勝利条件となる1309、1312街区周辺。×マーカーの乗っているヘックスは両軍共存中)

PKA 投入26、損失15
Gustav 投入8、損失4
Krote 投入4、損失4
N.Rocker 投入3、損失1
Sphinx 投入1
PK40 投入16、損失5、帰投1
合計 58、損失29、帰投1

傭兵軍
AFS 投入20、損失11
SAFS 投入15、損失7
S.Stalker 投入8、損失5
D.house 投入3
J40(S) 投入6、損失6
合計 52、損失29

損失比率だけで見ると傭兵軍の方が大きいのですが、シュトラール軍の中で1/4強を占める戦闘爆撃機のPK40は土地を確保できないため、こういう結果になりました。
弾薬集積所が一個でもあるか、航空機の一部が着陸可能なホルニッセだとまた違ってくるんですが。
タグ:SF3D
posted by AMI at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
おー、弾に限りのあるノイ・パンツァーファウストとか、ホルニッセのエアランドバトルとか、なかなか雰囲気でていそうですね。^^
Posted by YEN at 2010年09月03日 22:44
「設定」を熟知しているプレイヤーには楽しめる作品だと思うんですがねぇ〜w
掛算を使用した戦闘解決システムや、航空作戦のルールも、戦術級の作品にしては簡潔ながらしっかりしてましたし・・・
かく言う私も曲り形りにも「友人」の蔵書で設定に触れ、勢い「1」を購入した口なんですが、設定を忘れ去ってしまった今では楽しめるかどうかは微妙ですねえ・・・orz
(それでも諸般の事情で、「SF3DII」を買いそびれてしまった事をいまだに後悔している私ガイルw)
Posted by にしき at 2010年09月03日 23:30
>>YENさん
空陸両用というホルニッセはSFらしくていいと思いますが、PKAの装弾数は前線部隊から突き上げこなかったんだろうかw

>>にしきさん
掛け算判定でネタにされがちですが、空陸協調のシステムなどは今見ても遜色ないと思いますね。ネタ帳は金になると踏んだHJから絶賛再版中みたいですが、古い奴だけならありますよw
Posted by AMI at 2010年09月04日 02:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40503453

この記事へのトラックバック